試合予定/結果

フェニックス・リーグ

10月8日(祝)から宮崎県で開催される2012年度みやざきフェニックス・リーグは10月29日(月)まで行われますが、第1次(10月8日~11日)、第2次(10月13日~16日)、第3次(10月18日~21日)、第4次(10月23日~29日)と、四国アイランドリーグplus選抜チームのメンバーを一部入れ替える予定です。
 
【第4次(10月23日~29日)出場メンバー】

■監督:※星野おさむ(愛媛)
■コーチ:※萩原淳(愛媛) ※森山一人(徳島)
■投手:濵田俊之(愛媛) 古舘数豊(愛媛) デイビット(愛媛) 小林憲幸(愛媛)
     岩根成海(徳島) 山口直紘(徳島) 井川博文(高知) 山中智貴(高知)
     ゴンザレス(高知) 吉川岳(高知)
■捕手:宏誓(愛媛) ※小野知久(徳島) 夏山翔太(高知) 屋宜宣一郎(高知)
■内野手:藤長賢司(愛媛) 金城雅也(愛媛) ブレット(愛媛) ※岡﨑稔弘(徳島)
      今中尭大(高知) ※根津和希(高知) 曽我翔太郎(高知) 大石崇晴(高知)
■外野手:髙田泰輔(愛媛) 樋口拓平(愛媛) ※大谷真徳(徳島)

※印がついている選手等が第4次に入れ替わりで加わったメンバーです。
※ケガ等により、選抜選手の変更がある場合がございますので、予めご了承ください。

 


 
10月29日 フェニックス・リーグ
東北楽天-IL選抜 試合結果


 みやざきフェニックス・リーグに参戦しているIL選抜は、 10月29日(月)宮崎市の清武総合運動公園野球場で、東北楽天ゴールデンイーグルスと対戦しました。試合は5回、IL選抜は根津の右前適時打で先制しますが、その裏、逆転を許します。7回、IL選抜は屋宜の左前適時打の後、なおも無死満塁とチャンスを広げますが、後続が倒れると、直後に2点を追加され、2-6で東北楽天ゴールデンイーグルスに敗れました。
 IL選抜のリーグ戦通算成績は1勝13敗4分けとなり、16チーム中16位で全日程を終了しました。

10/29(月) 清武総合運動公園野球場 11:00 試合開始
観客数:50人 試合時間:2時間54分
  1 2 3 4 5 6 7 8 9 H E
四国ILplus選抜
0 0 0 0 1 0 1 0 0 2 9 2
東北楽天ゴールデンイーグルス
0 0 0 0 4 0 2 0 x 6 10 0

  spacer.gif 【投】 spacer.gif 【捕】
(IL選抜) spacer.gif 岩根(徳)-山口(徳)-井川(高)-山中(高)-吉川(高) spacer.gif 宏誓(愛)-屋宜(高)
(東北楽天) spacer.gif 塩見-井上-菊地-高堀 spacer.gif 小関

  【2塁打】
(東北楽天) 榎本、阿部

【 IL選抜・星野おさむ監督のコメント 】
「ドラフト終了後のクールで、多少苦しい戦いではありましたが、来年以降の育成メンバーととらえて戦いました。NPBの若い選手がどういう風にプレーしているかを見て、これからそれぞれのチームに持ち帰り、来季に繋げて欲しいと思います。このリーグに参加させてもらった意味を考え、これからしっかり勉強していかなければいけないと思います」

 


 
10月28日 フェニックス・リーグ
IL選抜-埼玉西武 試合結果


 みやざきフェニックス・リーグに参戦しているIL選抜は、 10月28日(日)日南市の南郷スタジアムで、埼玉西武ライオンズと対戦しました。試合は初回、IL選抜は二塁打で出塁した大谷真(徳)と四球を選んだ岡﨑(徳)を、金城(愛)が中前適時打で返し2点を先制します。しかし3回、埼玉西武に逆転されると、6回にも3点を追加され突き放されます。7回以降は吉川(高)、山中(高)、デイビット(愛)が1回を3人ずつで抑え反撃を待ちますが得点することができず、2-6で埼玉西武ライオンズに敗れました。
 IL選抜の次の試合は、10月29日(月)宮崎市の清武総合運動公園野球場で東北楽天ゴールデンイーグルスと対戦します。

10/28(日) 南郷スタジアム 12:30 試合開始
観客数:180人 試合時間:2時間39分
  1 2 3 4 5 6 7 8 9 H E
埼玉西武ライオンズ
0 0 3 0 0 3 0 0 0 6 7 2
四国ILplus選抜
2 0 0 0 0 0 0 0 0 2 8 1

  spacer.gif 【投】 spacer.gif 【捕】
(埼玉西武) spacer.gif 岩尾-松下 spacer.gif 藤沢-岳野
(IL選抜) spacer.gif ゴンザレス(高)-濵田(愛)-吉川(高)-山中(高)-デイビット(愛) spacer.gif 小野(徳)-屋宜(高)

  【2塁打】
(埼玉西武) 美沢、林﨑
(IL選抜) 大谷真(徳)

【 IL選抜・星野おさむ監督のコメント 】
「先発のゴンザレス(高)は、ボール自体はきていたけど、やや制球が定まらず単調なところがありました。ゴンザレスの力からすれば、3回の失点は防げたと思います。吉川(高)、山中(高)は今日はよかったですが、好不調がありますので、その辺が課題だと思います。野手に関しては、相手投手の力から考えるとよくやっていると思いますが、もう少し相手に向かっていく、何とかしようとする気持ちを見せて欲しいと思います。明日で最終戦です。このリーグに参加させてもらっている意味をあらためて考え、ILの代表として使命感を持って戦っていきます」

 


 
10月27日 フェニックス・リーグ
ハンファイーグルス-IL選抜 試合結果


 みやざきフェニックス・リーグに参戦しているIL選抜は、 10月27日(土)宮崎市の生目の杜第2野球場で、ハンファイーグルスと対戦しました。試合は5回、ハンファイーグルスに1点を先制されますが、7回にIL選抜は、髙田(愛)が二塁打で出塁すると、金城(愛)と夏山(高)の適時三塁打で逆転し、なおも二死から岡﨑(徳)、藤長(愛)の連続適時打でこの回一挙4点をあげます。しかし8回、同点に追い付かれると、4-4でハンファイーグルスと引き分けました。
 IL選抜の次の試合は、10月28日(日)日南市の南郷スタジアムで埼玉西武ライオンズと対戦します。

10/27(土) 生目の杜第2野球場 12:30 試合開始
観客数:150人 試合時間:2時間38分
  1 2 3 4 5 6 7 8 9 H E
四国ILplus選抜
0 0 0 0 0 0 4 0 0 4 9 1
ハンファイーグルス
0 0 0 0 1 0 0 3 0 4 13 0

  spacer.gif 【投】 spacer.gif 【捕】
(IL選抜) spacer.gif 小林(愛)-古舘(愛)-井川(高)-吉川(高)-デイビット(愛) spacer.gif 夏山(高)
(ハンファ) spacer.gif ジョン・ゼウォン-パク・ゴンウ-イム・ギヨン spacer.gif ジョン・バムボ

  【3塁打】
(IL選抜) 金城(愛)、夏山(高)
  【2塁打】
(IL選抜) 髙田(愛)、岡﨑(徳)
(ハンファ) イム・セオプ

【 IL選抜・星野おさむ監督のコメント 】
「井川(高)、デイビット(愛)は内容、結果ともによかったと思いますが、終盤の3イニングで勝ちきると言う事を、しっかり勉強して欲しいと思います。野手では、岡﨑(徳)をシーズン中とは違うショートで使いましたが、よく守っていましたし、夏山(高)は打つ方でも結果を残し、守りもしっかり捕球し元気がありよかったと思います。あと2試合、勝てるように頑張ります」

 


 
10月25日 フェニックス・リーグ
IL選抜-巨人 試合結果


 みやざきフェニックス・リーグに参戦しているIL選抜は、 10月25日(木)日南市の日南市天福球場で読売ジャイアンツと対戦しました。試合は3回、巨人に1点を先制されますが、その裏、大谷真(徳)の適時打ですかさず同点とします。投手陣も先発の山口(徳)が5回を1失点と好投し、打線の援護を待ちます。7回に巨人に勝ち越しを許しますが、9回表にはデイビット(愛)が3者連続三振を奪い、よい流れで9回裏を迎えます。ここで、曽我(高)が右中間へ2塁打を放つと、巨人バッテリーの暴投で同点に追いつきます。しかし勝利には後一歩及ばず2‐2で引き分けました。
 IL選抜の次の試合は、10月27日(土)宮崎市の生目の杜第2野球場でハンファイーグルスと対戦します。

10/25(木) 日南市天福球場 12:30 試合開始
観客数:150人 試合時間:2時間53分
  1 2 3 4 5 6 7 8 9 H E
読売ジャイアンツ
0 0 1 0 0 0 1 0 0 2 8 0
四国ILplus選抜
0 0 1 0 0 0 0 0 1 2 6 0

  spacer.gif 【投】 spacer.gif 【捕】
(巨人) spacer.gif 森-雨宮 spacer.gif 芳川-鬼屋敷
(IL選抜) spacer.gif 山口(徳)-井川(高)-吉川(高)-山中(高)-デイビット(愛) spacer.gif 宏誓(愛)-屋宜(高)

  【2塁打】
(IL選抜) 曽我(高)

【 IL選抜・星野おさむ監督のコメント 】
「このメンバーになり3試合目ですが、キャプテンの小野(徳)を中心にチームになってきました。先発の山口(徳)は、調子は良さそうでしたが、このリーグの意味を考えると、もう少し勝負心を持ってやって欲しかったと思います。今日の試合では、髙田(愛)の走塁、岡﨑(徳)のゲームでの存在感が印象に残りましたが、野手に関しても無難に入っていますので、最終クールは、積極的に相手に向かって行く姿勢を見せて欲しいと思います」

 


 
10月24日 フェニックス・リーグ
東京ヤクルト-IL選抜 試合結果


 みやざきフェニックス・リーグに参戦しているIL選抜は、 10月24日(水)西都市の西都原運動公園野球場で、東京ヤクルトスワローズと対戦しました。試合は4回にIL選抜が、藤長(愛)、ブレット(愛)の連続安打で無死一、三塁とすると、髙田(愛)の適時打で先制します。5回に同点、8回には逆転され迎えた9回、ブレット(愛)が中前安打で出塁すると曽我(高)の安打と敵失で二死満塁とします。しかし得点することができず、2-1で東京ヤクルトスワローズに敗れました。
 IL選抜の次の試合は、10月25日(木)日南市の日南市天福球場で読売ジャイアンツと対戦します。

10/24(水) 西都原運動公園野球場 12:30 試合開始
観客数:150人 試合時間:2時間37分
  1 2 3 4 5 6 7 8 9 H E
四国ILplus選抜
0 0 0 1 0 0 0 0 0 1 8 2
東京ヤクルトスワローズ
0 0 0 0 1 0 0 1 x 2 8 1

  spacer.gif 【投】 spacer.gif 【捕】
(IL選抜) spacer.gif 岩根(徳)-吉川(高)-小林(愛)-濵田(愛) spacer.gif 小野(徳)-夏山(高)
(ヤクルト) spacer.gif 徳山-太田 spacer.gif 西田-水野

【 IL選抜・星野おさむ監督のコメント 】
「先発の徳島バッテリーには、自分のピッチングスタイルを貫いて投げるよう指示していましたが、相手に向かっていく投球ができていました。気持ちを強く持って投げれば、NPB相手でもしっかりゲームを作る事ができます。吉川(高)は、左打者に対してプロの中継ぎのような内容で抑えられていましたので、今後のプラスになると思います。打撃に関しては、今日は積極的なバッティングが見られましたし、徐々に戦えるような実力になっていると思います。同年代の相手選手がNPBでプレーする姿を見て、何かを感じて欲しいです」

 


 
10月23日 フェニックス・リーグ
IL選抜-横浜DeNA 試合結果


 みやざきフェニックス・リーグに参戦しているIL選抜は、 10月23日(火)宮崎市のひむかスタジアムで、横浜DeNAベイスターズと対戦しました。試合は、2回にソロ本塁打で横浜DeNAに先制されると、4回にも2点を追加されます。6回にIL選抜は、大谷真(徳)、今中(高)の連続安打で二死一、二塁としますが、後続が抑えられてしまいます。8回、9回にも加点されたIL選抜は、0-9で横浜DeNAベイスターズに敗れました。
 IL選抜の次の試合は、10月24日(水)西都市の西都原運動公園野球場で東京ヤクルトスワローズと対戦します。

10/23(火) ひむかスタジアム 12:30 試合開始
観客数:50人 試合時間:2時間46分
  1 2 3 4 5 6 7 8 9 H E
横浜DeNAベイスターズ
0 1 0 2 0 0 0 4 2 9 13 0
四国ILplus選抜
0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 5 0

  spacer.gif 【投】 spacer.gif 【捕】
(DeNA) spacer.gif 王-冨田 spacer.gif 髙城
(IL選抜) spacer.gif 古舘(愛)-デイビット(愛)-吉川(高)-井川(高)-山中(高) spacer.gif 宏誓(愛)-屋宜(高)

  【本塁打】
(DeNA) 井手
  【2塁打】
(DeNA) 筒香、乙坂

【 IL選抜・星野おさむ監督のコメント 】
「ドラフト候補選手が抜け、少し元気がありませんでしたが、大谷真(徳)、今中(高)は、球威やキレのある相手投手から2本ずつヒットを打ちましたし、先発古舘(愛)も、打たれはしましたが、ストライクが先行していましたので、その後どうするのか自分なりの課題が見えたと思います。明日以降しっかり立て直し、IL選抜チームと言う責任感を持って戦っていきたいと思います」

 


 
【第3次(10月18日~21日)出場メンバー】

■監督:※定岡智秋(高知)
■コーチ:※高柳秀樹(高知) 吉田豊彦(高知)
■投手:※濵田俊之(愛媛) ※古舘数豊(愛媛) デイビット(愛媛) 小林憲幸(愛媛)
     ※岩根成海(徳島) 山口直紘(徳島) ジェイソン(徳島) 井川博文(高知)
     ※山中智貴(高知) ※野原慎二郎 ※ゴンザレス(高知) 吉川岳(高知)
■捕手:宏誓(愛媛) ※夏山翔太(高知) ※屋宜宣一郎(高知)
■内野手:藤長賢司(愛媛) ブレット(愛媛) 松嶋亮太(徳島) 東弘明(徳島)
      ※村上祐基(高知) ※今中尭大(高知) ※曽我翔太郎(高知)
      ※大石崇晴(高知)
■外野手:高田泰輔(愛媛) ※樋口拓平(愛媛) ※大井裕喜(愛媛) ※金城雅也(愛媛)
      吉村旬平(徳島) 迫留駿(高知)

※印がついている選手等が第3次に入れ替わりで加わったメンバーです。
※ケガ等により、選抜選手の変更がある場合がございますので、予めご了承ください。

 


 
10月21日 フェニックス・リーグ
IL選抜-斗山ベアーズ 試合結果


 みやざきフェニックス・リーグに参戦しているIL選抜は、10月21日(日)宮崎県宮崎市の生目の杜第2野球場で、斗山ベアーズと対戦しました。試合は初回に1点を奪われますが、すぐさまその裏、先頭の村上(高)が右安打で出塁すると、樋口(愛)、ブレット(愛)の適時二塁打で2点をあげ逆転に成功。4回に同点に追いつかれますが、6回に二塁打で出塁した髙田(愛)を迫留(高)が還し再び勝ち越します。しかし9回、2点を取られ逆転されると、3-4で惜しくも斗山ベアーズに敗れました。
 IL選抜の次の試合は、10月23日(火)宮崎市のひむかスタジアムで横浜DeNAベイスターズと対戦します。

10/21(日) 生目の杜第2野球場 12:30 試合開始
観客数:100人 試合時間:2時間46分
  1 2 3 4 5 6 7 8 9 H E
斗山ベアーズ
1 0 0 1 0 0 0 0 2 4 9 1
四国ILplus選抜
2 0 0 0 0 1 0 0 0 3 8 0

  spacer.gif 【投】 spacer.gif 【捕】
(斗山) spacer.gif アン・ギュヨン-オ・ヒョンテク-キム・カンユル spacer.gif パク・セヒョク
(IL選抜) spacer.gif ゴンザレス(高)-濵田(愛)-野原(高)-岩根(徳)-井川(高) spacer.gif 屋宜(高)-宏誓(愛)

  【2塁打】
(斗山) キム・ジェファン
(IL選抜) 樋口(愛)、ブレット(愛)、髙田(愛)

【 IL選抜・定岡智秋監督のコメント 】
「非常に惜しい試合でした。初回のチャンスで4番ブレット(愛)が打つなどして、ウチのペースで試合を進められましたし、迫留(高)、屋宜(高)、大井(愛)なども結果を出し、いい試合内容でした。先発のゴンザレス(高)も2点は取られましたが、150キロを出すなどいいピッチングをしていましたし、他の投手陣も自分も仕事をきっちりやってくれました。個々のいい所を出せば、そこそこ戦える力はありますので、今後も自信をもってプレーして欲しいと思います」

 


 
10月20日 フェニックス・リーグ
IL選抜-東京ヤクルト 試合結果


 みやざきフェニックス・リーグに参戦しているIL選抜は、10月20日(土)宮崎県西都市の西都原運動公園野球場で、東京ヤクルトスワローズと対戦しました。試合は初回に1点を奪われますが、3回にすぐさま、村上(高)の適時打などで2点をあげ逆転に成功。3回には金城(愛)の2点本塁打、4回にも吉村(徳)の二塁打などで2点を追加すると、5回には今中(高)の今日3本目となる右前打など、3連打で1点をあげ、中盤までに大きくリードを奪います。先発の山中(高)は、要所を抑える投球内容で5回を1失点に抑えます。7回にも高田(愛)の適時打で1点をあげたIL選抜が、8-4と東京ヤクルトスワローズに勝利しました。
 IL選抜の次の試合は、10月21日(日)宮崎市の生目の杜第2野球場で斗山ベアーズと対戦します。

10/20(土) 西都原運動公園野球場 12:30 試合開始
観客数:150人 試合時間:3時間9分
  1 2 3 4 5 6 7 8 9 H E
四国ILplus選抜
0 2 2 2 1 0 1 0 0 8 11 0
東京ヤクルトスワローズ
1 0 0 0 0 0 1 2 0 4 13 2

  spacer.gif 【投】 spacer.gif 【捕】
(IL選抜) spacer.gif 山中(高)-山口(徳) spacer.gif 屋宜(高)-宏誓(愛)
(ヤクルト) spacer.gif ウーゴ-太田-阿部 spacer.gif 西田-水野

  【本塁打】
(IL選抜) 金城(愛)
  【2塁打】
(IL選抜) 吉村(徳)、金城(愛)
(ヤクルト) 山田、武内

【 IL選抜・定岡智秋監督のコメント 】
「まずは、勝利したということが非常に大きいです。今中(高)の猛打賞をはじめ、対左投手ということで期待をしていた右打者の金城(愛)の本塁打など、走者がいる場面で、打つべき人が良い仕事をしてくれました。先発した山中(高)も、走者は出すものの粘り強い投球をしてくれました。先発が抑えて、ここぞという時に打者が期待に応えるという、非常に良い試合だったのではないかと思います。
 明日の斗山戦も勝って、星野監督にいい形でバトンを渡したいと思っております」

 


 
10月19日 フェニックス・リーグ
IL選抜-北海道日本ハム 試合結果


 みやざきフェニックス・リーグに参戦しているIL選抜は、10月19日(金)宮崎市の生目の杜第2野球場で北海道日本ハムファイターズと対戦しました。試合は、初回に日ハムに4点を奪われると、その後も加点され、6回まで8点をリードされる苦しい展開となります。しかし7回、この回先頭のブレット(愛)がソロ本塁打を放ち反撃かと思われましたが、この1点に終わり、その後も加点されたIL選抜は、1-13で北海道日本ハムファイターズに敗れました。
 IL選抜の次の試合は、10月20日(土)西都市の西都原運動公園野球場で東京ヤクルトスワローズと対戦します。

10/19(金) 生目の杜第2野球場 12:30 試合開始
観客数:80人 試合時間:3時間12分
  1 2 3 4 5 6 7 8 9 H E
北海道日本ハムファイターズ
4 0 1 2 0 1 0 4 1 13 13 1
四国ILplus選抜
0 0 0 0 0 0 1 0 0 1 6 4

  spacer.gif 【投】 spacer.gif 【捕】
(日本ハム) spacer.gif 乾-植村-大塚-宮本-若竹 spacer.gif 大嶋
(IL選抜) spacer.gif デイビット(愛)-吉川(高)-古舘(愛)-野原(高)-ジェイソン(徳)-井川(高)-岩根(徳) spacer.gif 宏誓(愛)-屋宜(高)
-夏山(高)

  【本塁打】
(IL選抜) ブレット(愛)
  【2塁打】
(日本ハム) 谷口2

【 IL選抜・定岡智秋監督のコメント 】
「今日は初回に4点を取られ、厳しい試合でした。中継ぎで投げた古舘(愛)、野原(高)はよかったですが、やはり先発がしっかりとゲームを作らないと、打撃の方もいい流れに乗れません。なんとか明日は勝利できるように頑張りたいと思います」

 


 
10月18日 フェニックス・リーグ
巨人-IL選抜 試合結果


 みやざきフェニックス・リーグに参戦しているIL選抜は、10月18日(木)宮崎市のアイビースタジアムで読売ジャイアンツと対戦しました。試合は初回IL選抜が、巨人先発岸(元愛媛MP)から松嶋(徳)のソロ本塁打で先制します。IL選抜投手陣は、先発小林(愛)が3回をパーフェクトで抑えるなど、8回まで巨人打線を被安打2と好投します。すると9回、IL選抜は、一死二・三塁から髙田(愛)の中前適時打で追加点を挙げます。しかしその裏同点に追いつかれ、3-3で読売ジャイアンツと引き分けました。
 IL選抜の次の試合は、10月19日(金)宮崎市の生目の杜第2野球場で北海道日本ハムファイターズと対戦します。

10/18(木) アイビースタジアム 12:30 試合開始
観客数:100人 試合時間:2時間52分
  1 2 3 4 5 6 7 8 9 H E
四国ILplus選抜
1 0 0 0 0 0 0 0 2 3 5 1
読売ジャイアンツ
0 0 0 0 0 0 0 0 3 3 5 2

  spacer.gif 【投】 spacer.gif 【捕】
(IL選抜) spacer.gif 小林(愛)-吉川(高)-岩根(徳)-ゴンザレス(高)-濵田(愛)-井川(高) spacer.gif 屋宜(高)-宏誓(愛)
(巨人) spacer.gif 岸-小野-田中-渡辺 spacer.gif 鬼屋敷

  【本塁打】
(IL選抜) 松嶋(徳)

【 IL選抜・定岡智秋監督のコメント 】
「投手陣はそれぞれがきっちりと抑えていましたし、野手も、先制HRの松嶋(徳)は甘い球を一振仕留め、9回の髙田(愛)もランナーがいる場面でセンター前にうまく打ちました。最後に追いつかれ残念でしたが、いい時ばかりではないので、次きっちり抑えてくれると思います。投手も野手もよかったので、明日に期待したいと思います」

 


 
【第2次(10月13日~16日)出場メンバー】

■監督:西田真二(香川)
■コーチ:吉田豊彦(高知) 智勝(香川)
■投手:山野恭介(香川) 酒井大介(香川) 渡辺靖彬(香川) プルータ(香川)
     入野貴大(愛媛) デイビット(愛媛) 小林憲幸(愛媛) 山口直紘(徳島)
     ジェイソン(徳島) 井川博文(高知) 吉川岳(高知)
■捕手:星野雄大(香川) 大川修也(香川) 宏誓(愛媛)
■内野手:水口大地(香川) 甲斐弘樹(香川) 国本和俊(香川) ペレス(香川)
      藤長賢司(愛媛) ブレット(愛媛) 松嶋亮太(徳島) 東弘明(徳島)
■外野手:桜井広大(香川) 島袋翔伍(香川) 北村祐(香川) 高田泰輔(愛媛)
      吉村旬平(徳島) 迫留駿(高知)

※ケガ等により、選抜選手の変更がある場合がございますので、予めご了承ください。

 


 
10月16日 フェニックス・リーグ
IL選抜-東北楽天 試合結果


 みやざきフェニックス・リーグに参戦しているIL選抜は、10月16日(火)宮崎市のアイビースタジアムで東北楽天ゴールデンイーグルスと対戦しました。試合は3回までに東北楽天に5点を奪われ苦しい展開になりますが、4回以降中継ぎ陣が踏ん張ります。すると8回、IL選抜は松嶋(徳)、ブレット(愛)の連続安打で無死一、三塁とし、暴投で1点を返します。しかし9回にも追加点を挙げられると、1-6で東北楽天に敗れました。
 IL選抜の次の試合は、10月18日(木)宮崎市のアイビースタジアムで読売ジャイアンツと対戦します。

10/16(火) アイビースタジアム 12:30 試合開始
観客数:50人 試合時間:2時間52分
  1 2 3 4 5 6 7 8 9 H E
東北楽天ゴールデンイーグルス
2 2 1 0 0 0 0 0 1 6 13 0
四国ILplus選抜
0 0 0 0 0 0 0 1 0 1 7 0

  spacer.gif 【投】 spacer.gif 【捕】
(東北楽天) spacer.gif 武藤-塩見-高堀 spacer.gif 岡島
(IL選抜) spacer.gif 山口(徳)-吉川(高)-入野(愛)-ジェイソン(徳)-山野(香)-小林(愛)-プルータ(香)-酒井(香)-井川(高) spacer.gif 星野(香)

  【本塁打】
(東北楽天) 三好、島内
  【2塁打】
(東北楽天) 榎本、島内、西田

【 IL選抜・西田真二監督のコメント 】
「勝ち負けも大事ですが、このクールは1軍の主力メンバーが多く合流していて、質の高い野球が経験できたことは、選手たちにとってとてもいい経験になったと思います。先発が点を取られる事が多かったですが、井川(高)、入野(愛)、ジェイソン(徳)、酒井(香)と中継ぎ・抑えが内容のあるピッチングができていました。香川はこれからILの代表としてGCSで優勝目指して戦いますし、フェニックスに残ったメンバーはNPB選手と試合ができるこの機会に感謝して、何かを感じてこれからの行動に移して欲しいと思います」

 


 
10月15日 フェニックス・リーグ
千葉ロッテ-IL選抜 試合結果


 みやざきフェニックス・リーグに参戦しているIL選抜は、10月15日(月)宮崎県日南市の日南市天福球場で千葉ロッテマリーンズと対戦しました。試合は初回、IL選抜先頭の水口(香)が内野安打で出塁し、二盗、三盗を成功すると、国本(香)の内野ゴロの間に生還し先制します。2回にも北村(香)、大川(香)の連続安打の後、東(徳)の内野ゴロの間に1点追加すると、4回にも北村の左前適時打で追加点をあげます。しかしその裏、本塁打でロッテに2点を返されると、8回に逆転され、4-3で千葉ロッテに惜敗しました。
 IL選抜の次の試合は、10月16日(火)宮崎市のアイビースタジアムで東北楽天ゴールデンイーグルスと対戦します。

10/15(月) 日南市天福球場 13:00 試合開始
観客数:100人 試合時間:2時間38分
  1 2 3 4 5 6 7 8 9 H E
四国ILplus選抜
1 1 0 1 0 0 0 0 0 3 9 1
千葉ロッテマリーンズ
0 0 0 2 0 0 0 2 x 4 9 0

  spacer.gif 【投】 spacer.gif 【捕】
(IL選抜) spacer.gif 渡辺(香)-入野(愛)-井川(高)-プルータ(香) spacer.gif 大川(香)-星野(香)
(ロッテ) spacer.gif 香月-荻野忠-黒沢-木村 spacer.gif 江村

  【本塁打】
(ロッテ) 清田
  【2塁打】
(IL選抜) 水口(香)
(ロッテ) 神戸、清田

【 IL選抜・西田真二監督のコメント 】
「今日はいい流れで久しぶりに打線が繋がりました。内容的には勝ちゲームでしたし、実りのある野球ができました。先発の渡辺(香)はまずまず先発としての役割を果たしてくれましたし、井川(愛)は4三振を取るなどいいピッチングでした。また今日はロッテの角中(元高知)の成長した姿を見る事ができました。成長した角中を見て、ILの選手たちもいい刺激を受けたと思います。
 今日のような1点差のゲームをどう勝ちきるかと言う事が大事ですので、その辺りを選手たちは感じて欲しいと思います。このメンバーで残り1試合、いい形で終わり、次に引き継ぎたいと思います」

 


 
10月14日 フェニックス・リーグ
IL選抜-東京ヤクルト 試合結果


 みやざきフェニックス・リーグに参戦しているIL選抜は、10月14日(日)宮崎県西都市の西都原運動公園野球場で、東京ヤクルトスワローズと対戦しました。試合はヤクルトに6回までに4点をリードされますが、その後は投手陣が踏ん張り味方の反撃を待ちます。すると9回、IL選抜・国本(香)が二塁打で出塁すると、ペレス(香)の中安打が相手の失策を誘い1点を返しますが反撃及ばず、1-5で東京ヤクルトスワローズに敗れました。
 IL選抜の次の試合は、10月15日(月)日南市の日南市天福球場で千葉ロッテマリーンズと対戦します。

10/14(日) 西都原運動公園野球場 12:30 試合開始
観客数:250人 試合時間:2時間45分
  1 2 3 4 5 6 7 8 9 H E
東京ヤクルトスワローズ
1 1 0 0 1 1 0 0 1 5 9 2
四国ILplus選抜
0 0 0 0 0 0 0 0 1 1 7 1

  spacer.gif 【投】 spacer.gif 【捕】
(ヤクルト) spacer.gif 吉野-フェルナンデス-久古-阿部 spacer.gif 西田-水野
(IL選抜) spacer.gif 山野(香)-入野(愛)-ジェイソン(徳)-酒井(香) spacer.gif 星野(香)

  【本塁打】
(ヤクルト) 佐藤
  【3塁打】
(IL選抜) 高田(愛)
  【2塁打】
(ヤクルト) 荒木3
(IL選抜) 国本(香)

【 IL選抜・西田真二監督のコメント 】
「GCSをにらんでの先発山野(香)でしたが、多少バラつきがありましたがいい球もありました。久しぶりのNPB選手との対戦で自分なりに成長してくれたらと思います。入野(愛)は内容もよかったですし、ジェイソン(徳)、酒井(香)と、中継ぎ・抑えは自分のピッチングができていました。打線は少し下降気味ですが、最後に1点取れたと言う事は、明日に繋がると思います。フェニックスで試合ができる事を当たり前と思わずに、もっと貪欲に向かっていき、ここでの経験を個々のスキルやメンタル面に活かしていって欲しいです」

 


 
10月13日 フェニックス・リーグ
日本ハム-IL選抜 試合結果


 みやざきフェニックス・リーグに参戦しているIL選抜は、10月13日(土)宮崎県宮崎市のサンマリンスタジアム宮崎で、北海道日本ハムファイターズと対戦しました。試合は初回に2点を奪われると、3回にも3点を追加され苦しい試合展開になります。しかし、3回途中から登板した井川(高)が、2回をしっかりと抑え、味方の反撃を待ちます。しかし、5回にも3点、7回にも1点を追加され、9-0と北海道日本ハムファイターズに敗れました。
 IL選抜の次の試合は、10月14日(日)西都市の西都原運動公園野球場で東京ヤクルトスワローズと対戦します。

10/13(土) サンマリンスタジアム宮崎 12:30 試合開始
観客数:800人 試合時間:2時間45分
  1 2 3 4 5 6 7 8 9 H E
四国ILplus選抜
0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 2
北海道日本ハムファイターズ
2 0 3 0 3 0 1 0 x 9 13 0

  spacer.gif 【投】 spacer.gif 【捕】
(IL選抜) spacer.gif デイビット(愛)-井川(高)-プルータ(香)-小林(愛)-吉川(高)-酒井(香) spacer.gif 宏誓(愛)-星野(香)
(日本ハム) spacer.gif 谷元-モルケン-矢貫-根本-森内 spacer.gif 大野-鶴岡-近藤

  【3塁打】
(日本ハム) 稲葉
  【2塁打】
(日本ハム) 陽、今浪

【 IL選抜・西田真二監督のコメント 】
「久しぶりに質の高い野球と触れ合いました。日本ハム栗山監督も、CS、日本シリーズを睨み、1軍メンバーでの対戦でした。負けはしましたが、稲葉、中田翔といった非常にスイングの速い打者と対戦したことに、ILの投手、野手ともに喜びを感じて欲しいです。野球ができる環境を与えられた感謝というものへの原点へ回帰になる一戦になればいい。非常にいい経験をしたのではないかと思います。明日のヤクルト戦は、勝負にこだわり、勝ちに行きます。楽しみにしてください」

 


 
【第1次(10月8日~11日)出場メンバー】

■監督:島田直也(徳島)
■コーチ:長内孝(徳島) 吉田豊彦(高知)
■投手:岩根成海(徳島) 山口直紘(徳島) ジェイソン(徳島) 木幡翔(高知)
     井川博文(高知) 山中智貴(高知) 野原慎二郎(高知) ゴンザレス(高知)
     吉川岳(高知) 雄晴(高知)
■捕手:小野知久(徳島) 山城一樹(徳島) 屋宜宣一郎(高知)
■内野手:松嶋亮太(徳島) 岡崎稔弘(徳島) 大谷龍次(徳島) 東弘明(徳島)
      村上祐基(高知) 今中尭大(高知) 根津和希(高知) 曽我翔太朗(高知)
      マルティネス(高知)
■外野手:吉村旬平(徳島) 大谷真徳(徳島) 神谷厚毅(徳島) アレックス(徳島)
      関口大志(徳島) 迫留駿(高知)

※ケガ等により、選抜選手の変更がある場合がございますので、予めご了承ください。

 


 
10月11日 フェニックス・リーグ
横浜DeNA-IL選抜 試合結果


 みやざきフェニックス・リーグに参戦しているIL選抜は、10月11日(木)宮崎県宮崎市の生目の杜第2野球場で、横浜DeNAベイスターズと対戦しました。試合は3回にIL選抜・大谷真(徳)の中前打を足がかりに、村上(高)の左前適時打で1点を先制しますが、4回に2点を奪われ逆転を許します。6回にも2点を奪われますが、8回に神谷(徳)の三塁打が相手の失策を誘い、一気に生還し1点を返します。しかし、あと1本が出ず、4-2で横浜DeNAベイスターズに惜敗しました。
 IL選抜の次の試合は、10月13日(土)宮崎市のサンマリンスタジアム宮崎で北海道日本ハムファイターズと対戦します。

10/11(木) 生目の杜第2野球場 12:30 試合開始
観客数:75人 試合時間:3時間4分
  1 2 3 4 5 6 7 8 9 H E
四国ILplus選抜
0 0 1 0 0 0 0 1 0 2 9 0
横浜DeNAベイスターズ
0 0 0 2 0 2 0 0 x 4 7 1

  spacer.gif 【投】 spacer.gif 【捕】
(IL選抜) spacer.gif 野原(高)-山中(高)-雄晴(高)-ゴンザレス(高)-井川(高)-ジェイソン(徳) spacer.gif 屋宜(高)-山城(徳)
(DeNA) spacer.gif 国吉-阿斗里 spacer.gif 黒羽根

  【3塁打】
(IL選抜) 神谷(徳)
(DeNA) 石川
  【2塁打】
(DeNA) 黒羽根

【 IL選抜・島田直也監督のコメント 】
「負けはしましたが、NPB1軍経験投手相手に打てたことは自信になったと思います。この4日間、選手たちはいい経験ができました。投手は1球の怖さを感じてくれたと思いますし、野手はちょっといい球が来るとなかなか打てないですが、そこを打てるようになればNPBに行けます。ここでの経験をこれからの練習に活かして欲しいと思います」

 


 
10月10日 フェニックス・リーグ
IL選抜-千葉ロッテ 試合結果


 みやざきフェニックス・リーグに参戦しているIL選抜は、10月10日(水)宮崎県宮崎市の久峰野球場で、千葉ロッテマリーンズと対戦しました。試合はIL選抜・先発の山口(徳)が5回を投げ被安打1無失点の好投で後続に託しますが、6回に本塁打などで4点を奪われます。その後IL選抜は、ロッテ打線を無失点に抑えますが、得点を挙げる事ができず、0-4で千葉ロッテに敗れました。
 IL選抜の次の試合は、10月11日(木)宮崎市の生目の杜第2野球場で横浜DeNAと対戦します。

10/10(水) 久峰野球場 12:30 試合開始
観客数:100人 試合時間:2時間30分
  1 2 3 4 5 6 7 8 9 H E
千葉ロッテマリーンズ
0 0 0 0 0 4 0 0 0 4 5 1
四国ILplus選抜
0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 7 0

  spacer.gif 【投】 spacer.gif 【捕】
(千葉ロッテ) spacer.gif 藤谷-香月-黒沢-木村 spacer.gif 小池
(IL選抜) spacer.gif 山口(徳)-木幡(高)-アレックス(徳)-吉川(高)-井川(高) spacer.gif 山城(徳)-屋宜(高)

  【本塁打】
(千葉ロッテ) 金澤

【 IL選抜・島田直也監督のコメント 】
「今日は投手陣は自分の投球ができ、山口(徳)もファーム日本一のチームを無死点に抑え自信になったと思いますが、1球の大事さをもっともっと大切にして欲しいと思います。野手はNPBの少しキレのいい投手が来ると対応できていない部分もありましたので、上に行くためには何が必要かを考え、レベルアップして欲しいと思います。明日で選抜メンバーが変わりますので、残り1試合、勝ちたいと思います」

 


 
10月9日 フェニックス・リーグ
埼玉西武-IL選抜 試合結果


 みやざきフェニックス・リーグに参戦しているIL選抜は、10月9日(火)宮崎県日南市の南郷スタジアムで、埼玉西武ライオンズと対戦しました。試合は3回、IL選抜が押し出しで1点を先制します。5回にもIL選抜は、山城(徳)、村上(高)が連続安打で出塁すると、敵失で2点を追加します。その裏、埼玉西武に3点本塁打で同点とされますが、先発岩根はそれ以後安打を許さず7回を投げ7奪三振の投球、続く木幡(高)、井川(高)も西武打線を3人ずつで抑え、3-3で引き分けました。
 IL選抜の次の試合は、10月10日(水)宮崎市の久峰野球場で千葉ロッテと対戦します。

10/9(火) 南郷スタジアム 12:30 試合開始
観客数:150人 試合時間:2時間57分
  1 2 3 4 5 6 7 8 9 H E
四国ILplus選抜
0 0 1 0 2 0 0 0 0 3 7 0
埼玉西武ライオンズ
0 0 0 0 3 0 0 0 0 3 5 1

  spacer.gif 【投】 spacer.gif 【捕】
(IL選抜) spacer.gif 岩根(徳)-木幡(高)-井川(高) spacer.gif 山城(徳)-屋宜(高)
(埼玉西武) spacer.gif 中﨑-前川-松下-坂元-田中 spacer.gif 中田

  【本塁打】
(埼玉西武) 駒月
  【3塁打】
(IL選抜) 根津(高)

【 IL選抜・島田直也監督のコメント 】
「負けなかったけど、勝ちたい試合でした。大事なところでミスが続き、消極的なプレーが見られたのが残念でしたが、何とかしようと言う気持ちは出ていましたし、NPB相手でも十分ひけを取らない試合でした。先発の岩根は、ホームランの1球だけが失投でしたが、NPBの選手は1球の失投も見逃しませんので、そう言うところを勉強して、レベルアップして欲しいと思います。攻撃面では、敵失からの得点でしたが、相手のミスを誘うような攻撃ができたので、評価できると思います。後は、もう少し点を取るチャンスがあったので、その辺が取れれば楽に試合ができると思いますので、また明日も頑張ります」

 


 
10月8日 フェニックス・リーグ
IL選抜-斗山ベアーズ 試合結果


 みやざきフェニックス・リーグに参戦しているIL選抜は、開幕初戦を宮崎県日南市の南郷スタジアムで、斗山ベアーズと対戦しました。試合は初回にIL選抜・吉村(徳)の適時二塁打で先制すると、マルティネス(高)の適時打、大谷龍(徳)の適時二塁打でこの回3点を挙げます。5回、斗山に4点を奪われ逆転を許しますが、すかさず、6回にIL選抜は松嶋(徳)の左前適時打で同点とします。その後8回に斗山に2点を奪われますが、その裏IL選抜も、松嶋(徳)の内野ゴロの間に得点。しかし反撃及ばず5-6で斗山ベアーズに敗れました。
 IL選抜の次の試合は、10月9日(火)日南市の南郷スタジアムで埼玉西武ライオンズと対戦します。

10/8(月) 南郷スタジアム 13:00 試合開始
観客数:150人 試合時間:3時間20分
  1 2 3 4 5 6 7 8 9 H E
斗山ベアーズ
0 0 0 0 4 0 0 2 0 6 7 2
四国ILplus選抜
3 0 0 0 0 1 0 1 0 5 7 0

  spacer.gif 【投】 spacer.gif 【捕】
(斗山) spacer.gif ユ・ヒグァン-オ・ソンミン-ジョン・テヒョン spacer.gif キム・ウンミン
(IL選抜) spacer.gif ゴンザレス(高)-アレックス(徳)-山中(高)-吉川(高)-ジェイソン(徳) spacer.gif 屋宜(高)

  【2塁打】
(斗山) キム・ドンハン
(IL選抜) 村上(高)、吉村(徳)、大谷龍(徳)

【 IL選抜・島田直也監督のコメント 】
「徳島、高知とも試合感覚から遠ざかっていた割には、バットも振れていましたし、何とかしようと言う気持ちが出ていましたので、結果は負けてしまいましたが、対等に戦えたと思います。野手では村上(高)がリードオフマンとしての仕事をしてくれましたし、投手は山中(高)が良かったです。無駄な四球からの失点に気を付け、次の試合も頑張りたいと思います」

 


top