試合予定/結果

フェニックス・リーグ

10月5日(火)から宮崎県で開催される2010年度みやざきフェニックス・リーグは、10月26日(火)まで行われますが、第1次(10月5日~12日)、第2次(10月14日~17日)、第3次(10月19日~26日)と、四国・九州アイランドリーグ選抜チームのメンバーを一部入れ替える予定です。
 
【第3次(10月19日~26日)出場メンバー】

■監督:※定岡智秋(高知)
■コーチ:※加藤博人(徳島)
      ※斉藤浩行(愛媛)(19日~21日)
      ※堀江賢治(徳島)(23日~26日)
■投手:※山隈茂喜(高知) ※山中智貴(高知) ※山﨑慎一郎(高知)
     ※野原慎二郎(高知) ※吉川岳(高知) 弦本悠希(徳島) 大川学史(徳島)
     ※入野貴大(愛媛) 岸敬祐(愛媛) 土田瑞起(長崎)
■捕手:※宮元智博(高知) 飯田一弥(高知) ※山村裕也(徳島)
■内野手:※村上祐基(高知) ※流大輔(高知) ※龍央(高知) ※西本泰承(高知)
       ※東弘明(徳島) 秋山繁(愛媛)
■外野手:※安田圭祐(高知) ※神谷厚毅(徳島) ※西村悟(愛媛) 末次峰明(愛媛)
       ※田中宏明(長崎)

※印がついている選手等が第3次に入れ替わりで加わったメンバーです。



10月26日 フェニックス・リーグ
四国・九州IL選抜-LGツインズ 試合結果


みやざきフェニックス・リーグに参戦している四国・九州IL選抜は、10月26日(火)宮崎県宮崎市の清武総合運動公園野球場でLGツインズと対戦しました。試合は初回、IL選抜が制球が定まらない相手投手を攻め、西村(愛媛)、龍央(高知)の適時打などで4点を先制します。しかし三回に、LGツインズに本塁打などで1点差とされると、五回に逆転されます。その後、IL選抜もチャンスは作りますがあと1本が出ず、4-5でLGツインズに敗れました。
四国・九州IL選抜のリーグ戦通算成績は、5勝8敗となり、16チーム中12位で全日程を終了しました。

10/26(火) 清武総合運動公園野球場 12時30分 試合開始
動員数:108人 試合時間:2時間45分
  1 2 3 4 5 6 7 8 9 H E
LGツインズ
0 0 3 0 2 0 0 0 0 5 11 0
四国・九州IL選抜
4 0 0 0 0 0 0 0 0 4 8 2

  spacer.gif 【投】 spacer.gif 【捕】
(ツインズ) spacer.gif チェ・ソンミン‐イ・スンヒョン‐シン・ゾンラク‐
ユ・ギョンクグック‐キム・ソンギュ
spacer.gif ユン・サンギュン‐キム・テグン
(四国・九州) spacer.gif 吉川(高)‐山崎(高)‐山中(高)‐山隈(高)‐
野原(高)‐岸(愛)‐入野(愛)‐弦本(徳)
spacer.gif 飯田(徳)‐宮元(高)‐山村(徳)

  【本塁打】
(ツインズ) ユ・ゼホ
  【2塁打】
(四国・九州) 龍央(高)

四国・九州IL選抜・定岡智秋監督のコメント
「初回はいい流れでしたが、ミスが出てから流れが変わりました。チャンスもあったのですが、あと1本が出ませんでした。このメンバーになってから雨で多くの試合が流れ少し残念でしたが、互角に戦えましたし、いい経験ができたと思います。選手それぞれが、ここでの経験をどうとらえ、どう感じたか、これからの練習に活かされると思います。来シーズンを楽しみにしています。」

 
10月23日 フェニックス・リーグ
巨人-四国・九州IL選抜 試合結果


みやざきフェニックス・リーグに参戦している四国・九州IL選抜は、10月23日(土)宮崎県西都市の西都原運動公園野球場で読売ジャイアンツと対戦しました。試合は初回、巨人が1点を先制しますが直後の二回IL選抜は、宮元(高知)の3点本塁打で逆転。六回にも田中(長崎)の二塁打を足掛かりに西村(愛媛)、宮元(高知)の適時打で2点を追加し試合を決めました。投げては先発の大川(徳島)が5回を投げて被安打4、5奪三振1失点と好投。六回以降も弦本(徳島)、山隈(高知)、入野(愛媛)、吉川(高知)の投手リレーで1失点に抑え5-2で読売ジャイアンツに勝利しました。
四国・九州IL選抜の次の試合は、10月24日(日)宮崎市のサンマリンスタジアム宮崎で東北楽天と対戦します。

10/23(土) 西都原運動公園野球場 12時30分 試合開始
動員数:52人 試合時間:2時間58分
  1 2 3 4 5 6 7 8 9 H E
四国・九州IL選抜
0 3 0 0 0 2 0 0 0 5 10 0
読売ジャイアンツ
1 0 0 0 0 1 0 0 0 2 7 0

  spacer.gif 【投】 spacer.gif 【捕】
(ジャイアンツ) spacer.gif 金刃‐神田‐中里‐星野 spacer.gif 鬼屋敷‐河野
(四国・九州) spacer.gif 大川(徳)‐弦本(徳)‐山隈(高)‐入野(愛)‐吉川(高) spacer.gif 山村(徳)

  【本塁打】
(ジャイアンツ) 隠善
(四国・九州) 宮元(高)
  【3塁打】
(ジャイアンツ) 福元
  【2塁打】
(四国・九州) 田中(長)、流(高)

四国・九州IL選抜・定岡智秋監督のコメント
「今日は宮元(高)の本塁打で決まりました。雨で2試合流れましたが打撃練習はできましたので打者は好調を維持することが出来ており普段通りの力が出せました。投手も大川(徳)が初回以外はいつも通りの投球が出来ており内容も良かったですし、弦本(徳)、山隈(高)、入野(愛)、吉川(高)も力を出してくれました。全体的に今日の試合はうちの良いところがたくさん出た試合でした。」

 
10月19日 フェニックス・リーグ
四国・九州IL選抜-巨人 試合結果


みやざきフェニックス・リーグに参戦している四国・九州IL選抜は、10月19日(火)宮崎県宮崎市の久峰野球場で読売ジャイアンツと対戦しました。試合はIL選抜が初回、田中(長崎)の2点本塁打で先制すると、四回に龍央(高知)のソロ本塁打、五回に失策で追加点を挙げます。IL選抜先発の山中(高知)は二回に巨人の円谷に本塁打を許しますが、四回を投げ被安打3、4奪三振。後続も好投し、4-3で読売ジャイアンツに勝利しました。
四国・九州IL選抜の次の試合は、10月20日(水)西都市の西都原運動公園野球場でLGツインズと対戦します。

10/19(火) 久峰野球場 12時30分 試合開始
動員数:162人 試合時間:2時間37分
  1 2 3 4 5 6 7 8 9 H E
読売ジャイアンツ
0 2 0 0 0 0 0 0 1 3 7 1
四国・九州IL選抜
2 0 0 1 1 0 0 0 x 4 4 0

  spacer.gif 【投】 spacer.gif 【捕】
(四国・九州) spacer.gif 山中(高)‐山隈(高)‐吉川(高)‐野原(高)‐岸(愛) spacer.gif 飯田(高)‐山村(徳)
(ジャイアンツ) spacer.gif 神田‐古川‐中里‐星野 spacer.gif 谷内田‐河野

  【本塁打】
(四国・九州) 田中(長)、龍央(高)
(ジャイアンツ) 円谷、伊集院

四国・九州IL選抜・定岡智秋監督のコメント
「今日からメンバーが入れ替わり少し硬かったのですが、初回の田中(長)の2ランで、みんな随分リラックスできたと思います。ヒットは4本と少なかったのですが、効果的にいいところでホームランが出ました。先発の山中(高)は、ホームランを打たれたけど、まずまずのピッチングだったし、他のピッチャーも持ち味を発揮できたと思います。」

 
【第2次(10月14日~17日)出場メンバー】

■監督:※西田真二(香川)
■コーチ:※前田忠節(香川) ※天野浩一(香川)
■投手:※橋本亮馬(香川) ※西村拓也(香川) ※高尾健太(香川) ※前川勝彦(香川)
     ※伊藤秀範(香川) 大川学史(徳島) 弦本悠希(徳島) 岸敬祐(愛媛)
     土田瑞起(長崎)
■捕手:※西森将司(香川) ※飯田一弥(高知) 富岡拓也(長崎)
■内野手:※大原淳也(香川) ※甲斐弘樹(香川) ※国本和俊(香川)
       ※中村真崇(香川) ※加登脇卓真(香川) 國信貴裕(徳島) 秋山繁(愛媛)
■外野手:※洋輔(香川) ※笠井要一(香川) ※梶田宙(高知) 末次峰明(愛媛)
       大西正剛(長崎)

※印がついている選手等が第2次に入れ替わりで加わったメンバーです。


 
10月17日 フェニックス・リーグ
東京ヤクルトスワローズ-四国・九州IL選抜 試合結果


みやざきフェニックス・リーグに参戦している四国・九州IL選抜は、10月17日(日)宮崎県西都市の西都原運動公園野球場で東京ヤクルトスワローズと対戦しました。試合は東京ヤクルトが初回、武内の適時打で先制すると、三回にも川本のソロ本塁打で追加点を挙げます。IL選抜土田(長崎)は四回5安打2失点と要所を締めまずまずの内容。その後の高尾(香川)、岸(愛媛)、伊藤(香川)も持ち味を発揮し好投、失策絡みの1失点のみに押さえました。打線は七回に加登脇(香川)二塁打のあと國信(徳島)の適時打で1点を返しましたがあと一本が出ず、1-3で東京ヤクルトに敗れました。
四国・九州IL選抜の次の試合は、10月19日(火)宮崎市の久峰野球場で読売ジャイアンツと対戦します。

10/17(日) 西都原野球場 12時30分 試合開始
動員数:200人 試合時間:2時間45分
  1 2 3 4 5 6 7 8 9 H E
四国・九州IL選抜
0 0 0 0 0 0 1 0 0 1 5 1
東京ヤクルトスワローズ
1 0 1 0 0 1 0 0 x 3 9 0

  spacer.gif 【投】 spacer.gif 【捕】
(四国・九州) spacer.gif 土田(長)‐高尾(香)‐岸(愛)‐伊藤(香) spacer.gif 西森(香)‐飯田(高)
(スワローズ) spacer.gif 平井‐日高 spacer.gif 水野‐新田

  【本塁打】
(スワローズ) 川本
  【3塁打】
(スワローズ) 荒木
  【2塁打】
(四国・九州) 加登脇(香)

四国・九州IL選抜・西田真二監督のコメント
「今日は、香川からヤクルトに入団した三輪の元気な姿を久々に見られとても良かったとともに、来期の大きな飛躍を期待したいと思いました。試合は、土田(長)、高尾(香)、岸(愛)、伊藤(香)の投手陣が要所を押さえ3点に抑え内容もまずまずでした。打線はランナーを出しチャンスは作りましたが相手投手の好投もあり、あと一本が出ませんでした。しかし見せ場を作ることは出来ました。明後日から定岡監督(高)にバトンタッチしますので残り試合も良いアピールをして欲しいと思います。」

 
10月16日 フェニックス・リーグ
四国・九州IL選抜-埼玉西武 試合結果


みやざきフェニックス・リーグに参戦している四国・九州IL選抜は、10月16日(土)宮崎県日南市の南郷スタジアムで埼玉西武と対戦しました。試合は初回に埼玉西武に先制されますが、その裏IL選抜は末次(愛媛)の左前適時打ですぐさま同点とします。四回に埼玉西武の銀次郎の3点本塁打で1-5とされた直後、中村(香川)の二塁打と四球で作った満塁の好機に國信(徳島)が満塁本塁打を放ち再び同点としましたが、終盤に失点し6-10で敗れました。
四国・九州IL選抜の次の試合は、10月17日(日)西都市の西都原運動公園野球場で東京ヤクルトと対戦します。

10/16(土) 南郷スタジアム 12時30分 試合開始
動員数:256人 試合時間:2時間59分
  1 2 3 4 5 6 7 8 9 H E
埼玉西武ライオンズ
1 1 0 3 0 0 1 3 1 10 16 1
四国・九州IL選抜
1 0 0 4 0 0 0 1 0 6 7 1

  spacer.gif 【投】 spacer.gif 【捕】
(ライオンズ) spacer.gif 木村‐山崎‐朱‐末永‐岩崎 spacer.gif 銀次郎‐米野‐岳野
(四国・九州) spacer.gif 前川(香)‐橋本(香)‐岸(愛)‐
弦本(徳)‐伊藤(香)
spacer.gif 富岡(長)‐西森(香)‐飯田(高)

  【本塁打】
(ライオンズ) 銀次郎、坂田、星
(四国・九州) 國信(徳)
  【2塁打】
(ライオンズ) 黒瀬、中村、銀次郎、坂田、米野

四国・九州IL選抜・西田真二監督のコメント
「國信(徳)の満塁ホームランで同点に追い付きましたが、今日の西武は一軍経験選手が多く、力負けでした。先発の前川(香)は変化球のキレはありましたが、やはり球があまい所に行くと見逃さず一発があります。岸(愛)は内容のあるしっかりしたピッチングをしていました。
明日のヤクルト戦は三輪(元香川OG)もいますし、楽しみにしています。明日も頑張ります。」

 
10月15日 フェニックス・リーグ
北海道日本ハム-四国・九州IL選抜 試合結果


みやざきフェニックス・リーグに参戦している四国・九州IL選抜は、10月15日(金)宮崎県宮崎市のアイビースタジアムで北海道日本ハムと対戦しました。試合はIL選抜先発の大川(徳島)が三回に大平(F)にソロ本塁打を浴び先制されますが五回を4安打1失点とまずまずの内容。打線は1点を追う五回に国本(香川)、大西(長崎)の連続安打と四球で作った満塁の好機に飯田(高知)が2点適時打を放ち一旦は逆転をしましたが終盤の3イニングで7失点し2-8で敗れました。
四国・九州IL選抜の次の試合は、10月16日(土)日南市の南郷スタジアムで埼玉西武と対戦します。

10/15(金) アイビースタジアム 12時30分 試合開始
動員数:200人 試合時間:2時間31分
  1 2 3 4 5 6 7 8 9 H E
四国・九州IL選抜
0 0 0 0 2 0 0 0 0 2 5 0
北海道日本ハムファイターズ
0 0 1 0 0 3 3 1 x 8 14 0

  spacer.gif 【投】 spacer.gif 【捕】
(ファイターズ) spacer.gif 糸数‐運天‐吉川 spacer.gif 今成‐大野
(四国・九州) spacer.gif 大川(徳)‐伊藤(香)‐岸(愛)‐橋本(香)‐西村(香)‐弦本(徳) spacer.gif 飯田(高)

  【本塁打】
(ファイターズ) 大平
  【3塁打】
(ファイターズ) 大平
  【2塁打】
(ファイターズ) 中田、佐藤
(四国・九州) 飯田(高)

四国・九州IL選抜・西田真二監督のコメント
「先発の大川(徳)は安定感のあるピッチングで低めに丁寧に投げていて、5回まではウチのペースでした。しかし、伊藤(香)、橋本(香)と、結果を出さなければいけないピッチャーが結果を出せなかったのが残念です。打線は、主軸にヒットが出ませんでしたが、飯田(高)がいい所でタイムリーを打ってくれました。それぞれが、ここに来ている意味をもう一度考え、自分がやらなければいけないことをしっかりやって欲しいと思います。」

 
10月14日 フェニックス・リーグ
四国・九州IL選抜-横浜 試合結果


みやざきフェニックス・リーグに参戦している四国・九州IL選抜は、10月14日(木)宮崎県宮崎市のアイビースタジアムで横浜ベイスターズと対戦しました。試合は初回、IL選抜が加登脇(香川)の適時打で先制すると、二回には国本(香川)、梶田(高知)、西森(香川)の連続安打で2点を追加。四回にも西森(香川)の内野安打で加点すると、五回には加登脇(香川)、中村(香川)の連続二塁打で1点、さらに末次(愛媛)の2点本塁打で試合を決めました。投手陣も被安打3の好投で、7-1で横浜に勝利しました。
四国・九州IL選抜の次の試合は、10月15日(金)宮崎市のアイビースタジアムで北海道日本ハムと対戦します。

10/14(木) アイビースタジアム 12時30分 試合開始
動員数:150人 試合時間:2時間20分
  1 2 3 4 5 6 7 8 9 H E
横浜ベイスターズ
0 0 0 0 0 1 0 0 0 1 3 1
四国・九州IL選抜
1 2 0 1 3 0 0 0 x 7 9 0

  spacer.gif 【投】 spacer.gif 【捕】
(ベイスターズ) spacer.gif 高崎‐藤江‐佐藤‐松山 spacer.gif 細山田‐武山
(四国・九州) spacer.gif 高尾(香)‐橋本(香)‐土田(長)‐西村(香)‐
岸(愛)‐弦本(徳)
spacer.gif 西森(香)

  【本塁打】
(四国・九州) 末次(愛)
  【2塁打】
(四国・九州) 加登脇(香)、中村(香)

四国・九州IL選抜・西田真二監督のコメント
「横浜は多くの一軍経験選手がいたのですが、よく戦ってくれました。初回、高尾(香)が先頭打者を四球で出してしまいましたが、西森(香)が牽制で刺し、流れが変わりました。打線も、加登脇(香)、中村(香)、末次(末)と繋がりましたし、足を絡めた攻撃も効果的に決まり、チームとして勝つ事ができました。ベイスターズ関係者へもいいアピールになったと思います。しかし、それにおごらす、今後も努力して欲しいと思います。」

 
【第1次(10月5日~12日)出場メンバー】

■監督:堀江賢治(徳島)
■コーチ:斉藤浩行(愛媛) 加藤博人(徳島)
■投手:弦本悠希(徳島) 光安祐揮(徳島) 大川学史(徳島) 徳田将至(愛媛)
     入野貴大(愛媛) 岸敬祐(愛媛) 能登原将(愛媛) 石田大樹(長崎)
     土田瑞起(長崎)
■捕手:山村裕也(徳島) 靍岡賢二郎(愛媛) 富岡拓也(長崎)
■内野手:東弘明(徳島) 國信貴裕(徳島) 秋山繁(愛媛) 金城直仁(愛媛)
       武田陽介(愛媛) 陽耀華(長崎)
■外野手:関口大志(徳島) 神谷厚毅(徳島) 髙田泰輔(愛媛) 西村悟(愛媛)
       末次峰明(愛媛) 大西正剛(長崎)


 
10月12日 フェニックス・リーグ
四国・九州IL選抜-千葉ロッテ 試合結果


みやざきフェニックス・リーグに参戦している四国・九州IL選抜は、10月12日(火)宮崎県宮崎市の生目の杜第2野球場で、千葉ロッテマリーンズと対戦しました。試合は初回、ロッテが角中(元高知FD)の適時打で先制しますが、IL選抜は二回に國信(徳島)の適時二塁打で同点とします。三回には一度はロッテに勝ち越されますが、その裏IL選抜は、西村(愛媛)と國信(徳島)の適時打で逆転。しかし四回に、ロッテ生山(元香川OG)の2点適時打などで再びリードを奪われ、5-4で千葉ロッテに敗れました。
四国・九州IL選抜の次の試合は、10月14日(木)宮崎市のアイビースタジアムで横浜ベイスターズと対戦します。

10/12(火) 生目の杜第2野球場 12時30分 試合開始
動員数:100人 試合時間:2時間53分
  1 2 3 4 5 6 7 8 9 H E
千葉ロッテマリーンズ
1 0 1 3 0 0 0 0 0 5 10 0
四国・九州IL選抜
0 1 2 0 0 1 0 0 0 4 11 0

  spacer.gif 【投】 spacer.gif 【捕】
(四国・九州) spacer.gif 入野(愛)‐能登原(愛)‐弦本(徳)‐岸(愛)‐徳田(愛) spacer.gif 靍岡(愛)‐山村(徳)
(マリーンズ) spacer.gif 西野‐根本‐阿部‐木村‐山本‐大谷 spacer.gif 青松

  【2塁打】
(四国・九州) 國信(徳)、武田(愛)、西村(愛)、山村(徳)
(マリーンズ) 生山、角

四国・九州IL選抜・堀江賢治監督のコメント
「このメンバーで戦うのは今日が最後でしたので、勝って次のチームに引き継ごうと思っていたのですが、惜しくも敗れてしまいました。打線は好調で、武田(愛)や末次(愛)にいい当たりが出ましたし、國信(徳)がいい所でタイムリーを打ってくれました。先発の入野は、少しストライクとボールがはっきりしていて打たれてしまいましたが、後続の投手陣は無失点で抑え、よく投げていました。
初戦はなかなかうまく機能していなかったこのメンバーも、だんだんと雰囲気も良くなり、いいチームになりました。ここでの経験を生かして、今後も頑張って欲しいと思います。」

 
10月11日 フェニックス・リーグ
LGツインズ-四国・九州IL選抜 試合結果


みやざきフェニックス・リーグに参戦している四国・九州IL選抜は、10月11日(月)宮崎県宮崎市の清武総合運動公園野球場で、LGツインズと対戦しました。試合は四回IL選抜が一死一・二塁から末次(愛)の適時二塁打で先制し六回にも末次(愛)、國信(徳)の連続適時二塁打と富岡(長)の遊撃内野安打で追加点。七回にも途中出場の武田(愛)、金城(愛)の適時打でダメ押し。投げても5回を3安打5奪三振の土田(長)、石田(長)、光安(徳)、徳田(愛)の4人の投手リレーで完封し8-0でLGツインズに勝利しました。
四国・九州IL選抜の次の試合は、10月12日(火)宮崎市の生目の杜第2野球場で千葉ロッテマリーンズと対戦します。

10/11(月) 清武総合運動公園野球場 12時30分 試合開始
動員数:105人 試合時間:2時間50分
  1 2 3 4 5 6 7 8 9 H E
四国・九州IL選抜
0 0 0 2 0 2 4 0 0 8 12 1
LGツインズ
0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 7 0

  spacer.gif 【投】 spacer.gif 【捕】
(四国・九州) spacer.gif 土田(長)‐石田(長)‐光安(徳)‐徳田(愛) spacer.gif 富岡(長)
(ツインズ) spacer.gif パク・ヒョンジュン‐キム・ジヨン spacer.gif ユン・サンギュン

  【3塁打】
(四国・九州) 高田(愛)、金城(愛)
  【2塁打】
(四国・九州) 西村(愛)、末次(愛)2、國信(徳)
(ツインズ) ファン・ソンイル

四国・九州IL選抜・堀江賢治監督のコメント
「今日の試合は、投手がしっかり投げてくれました。特に土田(長)はNPBに対して非常に良いアピールにつながったと思いますし石田(長)、光安(徳)、徳田(愛)もそれぞれが持ち味を発揮できました。
打線は3安打の西村(愛)、連続適時打の末次(愛)と中軸がいい働きをしてくれたので打線がつながりました。またここまで野手陣の中で唯一安打の無かった金城(愛)にも適時三塁打が出ましたので非常に良かったです。明日も今日のような良いアピールができるようにがんばります。」

 
10月10日 フェニックス・リーグ
四国・九州IL選抜-東京ヤクルト 試合結果


みやざきフェニックス・リーグに参戦している四国・九州IL選抜は、10月10日(日)宮崎県西都市の西都原運動公園野球場で、東京ヤクルトと対戦しました。試合は二回にヤクルトに先制を許しますが、IL選抜は四回、山村(徳島)の適時打で同点とします。しかし五回に再び勝ち越され、IL選抜は六回に内野ゴロの間に1点を追加しますが、その後反撃できず、3-2で敗れました。
四国・九州IL選抜の次の試合は、10月11日(祝月)宮崎市の清武総合運動公園野球場でLGツインズと対戦します。

10/10(日) 西都原運動公園野球場 12時30分 試合開始
動員数:200人 試合時間:3時間
  1 2 3 4 5 6 7 8 9 H E
東京ヤクルトスワローズ
0 1 0 0 2 0 0 0 0 3 7 0
四国・九州IL選抜
0 0 0 1 0 1 0 0 0 2 10 1

  spacer.gif 【投】 spacer.gif 【捕】
(スワローズ) spacer.gif 赤川‐フェルナンデス‐日高 spacer.gif 水野‐中村
(四国・九州) spacer.gif 大川(徳)‐岸(愛)‐入野(愛)‐徳田(愛) spacer.gif 山村(徳)‐靍岡(愛)

  【2塁打】
(スワローズ) 新田
(四国・九州) 末次(愛)、大西(長)

四国・九州IL選抜・堀江賢治監督のコメント
「いい戦いをしましたが、あと1本がなかなか出ませんでした。しかし、みんな動きもいいですし、いい当たりが出ています。投手陣は、先発の大川が二死から2点取られたのが痛かったですが、後続の投手は無失点に抑え、よかったと思います。
あと2試合勝てるように、またいいアピールができるように頑張ります。」

 
10月7日 フェニックス・リーグ
埼玉西武-四国・九州IL選抜 試合結果


みやざきフェニックス・リーグに参戦している四国・九州IL選抜は、10月7(木)宮崎県日南市の南郷スタジアムで、埼玉西武ライオンズと対戦しました。試合は初回、IL選抜が内野ゴロの間に1点先制しますが、その裏、西武の星の2点適時打で逆転を許します。しかし二回にIL選抜は大西(長崎)のソロ本塁打、髙田(愛媛)のタイムリーで逆転、三回に末次(愛媛)の適時打、五回に大西(長崎)の適時二塁打などで2点を追加します。しかし、埼玉西武に三回と五回に4点づつ奪われ、11-6で敗れました。
四国・九州IL選抜の次の試合は、10月9日(土)宮崎市の久峰野球場で東北楽天と対戦します。

10/7(木) 南郷スタジアム 12時30分 試合開始
動員数:112人 試合時間:3時間7分
  1 2 3 4 5 6 7 8 9 H E
四国・九州IL選抜
1 2 1 0 2 0 0 0 0 6 11 2
埼玉西武ライオンズ
2 1 4 0 4 0 0 0 X 11 14 1

  spacer.gif 【投】 spacer.gif 【捕】
(四国・九州) spacer.gif 岸(愛)‐入野(愛)‐弦本(徳)‐石田(長)‐
土田(長)‐徳田(愛)
spacer.gif 靍岡(愛)‐富岡(長)
(ライオンズ) spacer.gif 武隈‐藤原‐末永‐岩﨑 spacer.gif 銀次郎‐上本‐岳野

  【本塁打】
(四国・九州) 大西(長)
  【2塁打】
(四国・九州) 末次(愛)、大西(長)、髙田(愛)2
(ライオンズ) 浅村、上本、星2、大島

四国・九州IL選抜・堀江賢治監督のコメント
「負けましたが、打撃に関してはいいアピールができたと思います。特に、髙田と大西はいい活躍をしていました。投手陣に関しては、今日の西武は1軍クラスの選手も出場していたため、失投を逃さず捉えられました。しかし、そう言うバッターを抑えられるようにならないとNPBには行けませんので、いい勉強になったと思います。今日の経験から、またステップアップして欲しいと思います。」

 
10月6日 フェニックス・リーグ
四国・九州IL選抜-北海道日本ハム 試合結果


みやざきフェニックス・リーグに参戦している四国・九州IL選抜は、10月6(水)宮崎県宮崎市の清武総合運動公園野球場で、北海道日本ハムファイターズと対戦しました。試合は、五回までに日本ハムに3点を許しますが、IL選抜も二回に末次(愛媛)の適時二塁打、五回に陽(長崎)の適時三塁打で2点を奪い、2-3で迎えた八回、IL選抜は、相手投手の暴投と東(徳島)の左前適時打で逆転に成功。投手陣は六回以降、1イニングずつをそれぞれ3人で抑える好投で、4-3で北海道日本ハムに勝利しました。
四国・九州IL選抜の次の試合は、10月7日(木)日南市の南郷スタジアムで埼玉西武と対戦します。

10/6(水) 清武総合運動公園野球場 12時30分 試合開始
動員数:100人 試合時間:2時間58分
  1 2 3 4 5 6 7 8 9 H E
北海道日本ハムファイターズ
1 0 1 0 1 0 0 0 0 3 9 1
四国・九州IL選抜
0 1 0 0 1 0 0 2 X 4 11 1

  spacer.gif 【投】 spacer.gif 【捕】
(四国・九州) spacer.gif 光安(徳)‐入野(愛)‐土田(長)‐
石田(長)‐弦本(徳)
spacer.gif 山村(徳)‐靍岡(愛)‐富岡(長)
(ファイターズ) spacer.gif 土屋‐宮本‐谷元‐山本 spacer.gif 今成‐荒張

  【3塁打】
(四国・九州) 陽(長)
  【2塁打】
(四国・九州) 西村(愛)、末次(愛)
(ファイターズ) 鵜久森

四国・九州IL選抜・堀江賢治監督のコメント
「序盤は左投手をなかなか打ち崩せず得点に結び付かなかったのですが、途中から出た選手が、いい働きをしてくれました。また、秋山や東のファインプレーが光りました。
先発投手の光安は、今日はすごく球が走っていたので、真っすぐ主体のリードだったのですが、NPB選手は真っすぐに対しての対応がいいので、配球の勉強もしなければいけません。
明日の埼玉西武戦も、勝利できるように頑張ります。」

 
10月5日 フェニックス・リーグ
千葉ロッテ-四国・九州IL選抜 試合結果


10月5日(火)に開幕したみやざきフェニックス・リーグに参戦している四国・九州IL選抜は、開幕初戦で宮崎県西都市の西都原運動公園野球場で、千葉ロッテマリーンズと対戦しました。試合は五回に千葉ロッテに先制されますが、四国・九州IL選抜は、七回に神谷の適時打で同点、八回には武田(愛媛)が二塁打で出塁すると、西村の右安打に敵失が絡み逆転します。しかし八回裏、千葉ロッテは生山(元香川OG)の適時打、角の犠飛で逆転され、3-2で千葉ロッテに敗れました。
四国・九州IL選抜の次の試合は、10月6日(水)宮崎市の清武総合運動公園野球場で北海道日本ハムと対戦します。

10/5(火) 西都原運動公園野球場 12時30分 試合開始
動員数:148人 試合時間:2時間22分
  1 2 3 4 5 6 7 8 9 H E
四国・九州IL選抜
0 0 0 0 0 0 1 1 0 2 5 0
千葉ロッテマリーンズ
0 0 0 0 1 0 0 2 X 3 6 2

  spacer.gif 【投】 spacer.gif 【捕】
(四国・九州) spacer.gif 大川(徳)‐岸(愛)‐能登原(愛)‐徳田(愛) spacer.gif 山村(徳)‐靍岡(愛)
(マリーンズ) spacer.gif 坪井‐秋親‐大谷‐西野‐松本 spacer.gif 青松

  【2塁打】
(四国・九州) 西村(愛)、武田(愛)
(マリーンズ) 細谷

四国・九州IL選抜・堀江賢治監督のコメント
「今日が初戦と言う事もあり、少し試合から離れていましたので、みんな少し硬く試合勘がずれているように感じました。チャンスは作るのですが、打ち崩せず、逆にミスから得点を与えてしまいました。
しかし、先発の大川等投手陣がしっかりゲームを作ってくれましたし、靍岡がしっかり出塁し、西村は自分の仕事をやってくれるなど、十分戦える手ごたえを感じました。
明日は勝ちに行けるように頑張ります。」

top