試合予定/結果

交流戦

2008年10月



10/28(水) 千葉マリンスタジアム 14時 試合開始
試合時間:2時間38分
  1 2 3 4 5 6 7 8 9 H E
四国・九州アイランドリーグ
0 0 0 0 1 1 0 1 0 3 4 2
千葉ロッテマリーンズ2軍
0 1 2 0 1 0 0 0 0 4 11 0
※特別ルールで9回裏まで試合を行いました

  spacer.gif 【継投】 spacer.gif 【捕】
(四国・九州IL) spacer.gif 西川徹 > 野原 > 酒井 > 高木
> 入野 > 西川雅
spacer.gif 飯田 > 梶原
(千葉ロッテ) spacer.gif 手嶌 > 小林憲 > 田村 > 神田
> 相原 > 古谷 > 松本 > 中郷
spacer.gif 宮本 > 田中雅

  【三塁打】
(千葉ロッテ) 早坂
   
  【二塁打】
(四国・九州IL) 大島  YAMASHIN

四国・九州アイランドリーグ選抜と千葉ロッテマリーンズ2軍の交流試合が、10月28日(火)千葉市の千葉マリンスタジアムで行われました。
試合は、2回裏千葉ロッテが角中(元高知FD)の適時打で1点を先制、さらに3回裏にも2点を追加します。これに対し四国・九州IL選抜は、5回表大島(愛媛)の適時打で1点を返します。しかし千葉ロッテは5回裏に1点を追加、四国・九州IL選抜を突き放します。一方四国・九州IL選抜は、6回に西村悟(福岡)の犠飛で1点、8回にも西村悟の適時打で1点を上げますが、反撃も一歩及ばず、3対4で千葉ロッテ2軍に敗れました。また、この試合で、千葉ロッテの角中選手はスタメン7番センターで出場3打数1安打、宮本選手(元高知FD)はスタメン9番捕手で出場1打数無安打、白川選手(元高知FD)は代打で出場1打数無安打、小林投手(元徳島IS)は救援で1イニングを無得点に抑えました。
四国・九州アイランドリーグ選抜沖泰司監督のコメント
「ドラフト直前にこうしたPRの機会を頂けたことには本当に感謝しています。飯田が盗塁を3つ刺したことや、YAMASHINのチャンスメイク、落差のあるカーブを決めていた高木らはいいアピールが出来ていました。今季最後の試合となりましたが、今後も野球を続ける選手には1球1球、1試合1試合を大事にして頑張ってほしいと思います。」
 

リリーフで登板し2回を無失点に抑えた高木投手(愛媛)
リリーフで登板し2回を無失点に抑えた高木投手(愛媛)


5回適時2塁打を放った大島選手(愛媛) 捕手は宮本選手(元高知FD)
5回適時2塁打を放った大島選手(愛媛) 捕手は宮本選手(元高知FD)


1回適時打を打ったロッテの角中選手(元高知FD)
1回適時打を打ったロッテの角中選手(元高知FD)


試合終了後握手を交わす両チームナイン
試合終了後握手を交わす両チームナイン






10/1(水) ヤフードーム 13時 試合開始
試合時間:2時間31分
  1 2 3 4 5 6 7 8 9 H E
福岡RW・長崎S混成
0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 4 1
福岡ソフトバンクホークス2軍
4 0 0 0 1 0 0 0 0 5 10 1
※特別ルールで9回裏まで試合を行いました

  spacer.gif 【継投】 spacer.gif 【捕】
(混成チーム) spacer.gif 土田 > 森 > 中江 > 大澤 > 浦川
> 酒井 > キム
spacer.gif 松本 > ショウ > 本山
> 富岡
(福岡SB) spacer.gif 竹岡 > 大西 > 川頭 > 山村
> 西山 > 甲藤 > 陽 > 高橋秀
spacer.gif 荒川 > 的場

  【本塁打】
(福岡SB) 城所
   
  【二塁打】
(福岡SB) 江川 荒川

福岡レッドワーブラーズ・長崎セインツ混成チームと福岡ソフトバンクホークス2軍の交流試合が、10月1日(水)福岡市のヤフードームで行われました。試合は、1回裏に福岡・長崎混成チームは内野の連携の乱れやエラー等も重なり不運にも4点を失いました。さらに5回裏福岡・長崎混成チームは、城所にソロ本塁打を打たれ、0対5と差を広げられます。何とか反撃を試みたい福岡・長崎混成チームですが、ソフトバンク2軍投手陣を攻略できず無得点に終わり、0対5でソフトバンク2軍に敗れました。試合には敗れましたが、中江(福岡)・キム(福岡)・酒井(長崎)らの投手陣は力のある直球を投げ、NPB関係者にアピールしていました。
福岡RW・長崎S混成チーム森山良二監督のコメント
「1回に内野の連携ミスやエラー等もあり4点を失いましたが、その4点を挽回できないまま試合が終わってしまいました。打線もソフトバンク投手陣のキレのあるボールを打ち込むことが出来ませんでした。しかし、キムが課題のフォークで三振をとったり酒井や中江も好投する等NPBへのPRも出来ました。福岡・長崎の選手は交流試合を通じてNPBとの差を自覚できたはずですので、今後に向けて課題を持って取り組んでほしいと思います。」
  試合後ヤフードームのファンに一礼する福岡・長崎混成チーム
試合後ヤフードームのファンに一礼する福岡・長崎混成チーム

 


2イニングを無得点に抑え3つの三振を奪ったキム投手(福岡)
2イニングを無得点に抑え3つの三振を奪ったキム投手(福岡)





2008年9月



9/30(火) 神戸総合運動公園サブ 12時30分 試合開始
試合時間:3時間10分
  1 2 3 4 5 6 7 8 9 H E
徳島インディゴソックス
1 0 1 0 0 1 0 7 0 10 10 1
サーパス
0 0 1 0 1 0 0 1 1 4 10 1

  spacer.gif 【継投】 spacer.gif 【捕】
(徳島IS) spacer.gif 渡邊 > 佐藤 > 安里 > 平野 spacer.gif 永井 > 荒張 > 加藤
(サーパス) spacer.gif 小林 > 延江 > 梅村 > 鴨志田 spacer.gif 伊藤

  【本塁打】
(サーパス) 古木
   
  【三塁打】
(徳島IS) 山口
(サーパス) 山﨑浩 木元 岡田
   
  【二塁打】
(徳島IS) 金城 小松崎2
(サーパス) 迎 柴田

徳島インディゴソックスとサーパス(オリックス・バファローズ2軍)の交流試合が、9月30日(火)神戸総合運動公園サブ球場で行われました。試合は、徳島ISが1回に敵失に乗じて1点を先制、さらに3回に山口の適時3塁打で1点を追加します。徳島ISは一度は同点に追いつかれましたが、6回に相手投手の暴投で1点を奪い再びリードします。そして8回には小松崎の満塁の走者一掃の適時2塁打等5安打と3つの四球を絡めて大量7点を上げ、試合を決定づけました。守っても徳島ISは、渡邊・佐藤・安里・平野の4投手が要所を締める投球でサーパス打線に大量点を許さず、徳島ISが10対4でサーパスに快勝しました。
徳島インディゴソックス・森山一人監督代行のコメント
「1年間取り組んできたことを、いい形で結果に残すことができました。いいところで適時打も出ましたし、投手陣もよく投げてくれました。選手たちには、今年1年間行ってきたことに自信を持って今後も練習を続けてほしいと思います。しかし、NPBの選手のムダのないスイングや体の動き等は是非見習ってほしい点です。今日の結果に妥協せず、更なる努力を期待しています。」
 





9/28(日) 福岡・雁の巣球場 13時 試合開始
試合時間:3時間3分
  1 2 3 4 5 6 7 8 9 H E
長崎セインツ
0 0 0 0 0 0 0 1 0 1 9 1
福岡ソフトバンクホークス2軍
0 1 4 1 0 0 0 2 0 8 13 0
※特別ルールで9回裏まで試合を行いました

  spacer.gif 【継投】 spacer.gif 【捕】
(長崎S) spacer.gif 前田 > 酒井 spacer.gif 藤本
(福岡SB) spacer.gif 森福 > 西山 > 大西 > 川頭 > 山村
> 竹岡
spacer.gif 加藤 > 荒川

  【本塁打】
(福岡SB) 吉川 明石 城所 藤井
   
  【二塁打】
(福岡SB) 城所 明石

長崎セインツと福岡ソフトバンクホークス2軍の交流試合が、9月28日(日)福岡市の雁の巣球場で行われました。
試合は、2回ソフトバンク2軍が吉川のソロ本塁打で1点を先制、さらに3回には2つの四球と5本の安打で4点を奪い、ソフトバンク2軍が序盤からリードを広げます。これに対し長崎Sは、7回までソフトバンク投手陣を攻略できませんでしたが8回に無死満塁の好機を迎えます。しかし併殺打の間に3塁走者が帰っての1点のみに止まり、追い上げはなりませんでした。長崎Sは、4本塁打を含む13安打を放ったソフトバンク2軍に1対8で敗れました。長崎Sは残念ながら敗れましたが、3安打を打った外間や6回で9三振を奪った酒井らが、ドラフト会議に向けNPB関係者にアピールしていました。
長崎セインツ・前田勝宏監督代行のコメント
「セインツの野球が全くできませんでした。特に先発した私(前田)が打たれ、チーム全体がリズムに乗ることが出来ませんでした。打線も9安打を放ちながらも大事な場面での適時打がでず、ここ1番での集中力にも課題が残りました。しかし、リリーフの酒井が変化球を低めに集め、6回で9三振を奪う好投を披露する等収穫もありました。ソフトバンクさんは2軍とはいえレベルの高い野球を見せてくれました。セインツの選手たちは、こうした経験を踏まえ、オフの間にトレーニングに励んでほしいと思います。」
4打数3安打と大当たりの外間選手(長崎)
4打数3安打と大当たりの外間選手(長崎)

 


6回を投げ9つの三振を奪った酒井投手(長崎)
6回を投げ9つの三振を奪った酒井投手(長崎)






9/27(土) 福岡・雁の巣球場 13時 試合開始
試合時間:2時間45分
  1 2 3 4 5 6 7 8 9 H E
福岡レッドワーブラーズ
0 0 0 1 0 2 0 2 0 5 8 2
福岡ソフトバンクホークス2軍
1 0 2 1 0 2 1 0 0 7 10 1
※特別ルールで9回裏まで試合を行いました

  spacer.gif 【継投】 spacer.gif 【捕】
(福岡RW) spacer.gif 大澤 > 中江 > 西村拓 > 森 > 浦川 > キム spacer.gif 富岡 > ショウ
(福岡SB) spacer.gif 岩崎 > 高橋徹 > 甲藤 > 陽 > 高橋秀 spacer.gif 的場 > 荒川

  【本塁打】
(福岡RW) 中村
(福岡SB) 城所 金子 吉川 江川 的場
   
  【二塁打】
(福岡SB) 吉本 金子

福岡レッドワーブラーズと福岡ソフトバンクホークス2軍の交流試合が、9月27日(土)福岡市の雁の巣球場で行われました。
試合は、福岡RWが0対3とリードされた4回表清水の適時打で1点を返します。4回裏にソフトバンクに1点を追加されましたが、福岡RWに6回表中村の2点本塁打で1点差に追い上げます。しかしソフトバンクは、6回裏に2点、7回裏に1点を追加しリードを広げます。これに対し福岡RWは、8回表に陽の犠飛等で2点を返し追い上げを見せましたが、反撃及ばず、5対7でソフトバンク2軍に敗れました。28日は、長崎セインツがソフトバンク2軍と交流試合を行います。
福岡レッドワーブラーズ・森山良二監督のコメント
「点差以上に力の差を感じました。特にソフトバンクの打者は追い込まれてからもしっかりと自分のスイングを行い、長打を打っていました。これに対し、福岡RWは追い込まれてからの打撃に課題が残りました。しかし、本塁打を含む2安打を放った中村の打撃やいい直球を投げていた中江、9回を3人で抑えたキムの投球等は光るものがありました。こうした反省点や収穫を是非来年に活かしたいと思います。」
最終回を3人でピシャリと抑えたキム投手(福岡)
最終回を3人でピシャリと抑えたキム投手(福岡)

 


4回タイムリーヒットを放った清水選手(福岡)
4回タイムリーヒットを放った清水選手(福岡)





2008年8月



8/27(水) ナゴヤ球場 12時30分 試合開始
試合時間:3時間1分
  1 2 3 4 5 6 7 8 9 H E
四国・九州アイランドリーグ
0 0 0 1 0 0 3 0 1 5 12 3
中日ドラゴンズ2軍
0 2 2 0 1 0 1 0 X 6 9 0

  spacer.gif 【継投】 spacer.gif 【捕】
(ドラゴンズ2軍) spacer.gif 赤坂 > 朝倉 > 金剛 > ネルソン spacer.gif 前田 > 小川
(四国・九州IL) spacer.gif 福田 > 近平 > 渡邊 > 酒井
> 上里田
spacer.gif 飯田 > 西森

  【本塁打】
(ドラゴンズ2軍) 堂上直
   
  【三塁打】
(ドラゴンズ2軍) 岩崎
   
  【二塁打】
(四国・九州IL) 真輝(高) 西村悟(福)
(ドラゴンズ2軍) 森岡 中村公

四国・九州アイランドリーグ選抜と中日ドラゴンズ2軍の交流試合が、8月27日(水)名古屋市のナゴヤ球場で行われました。
試合は、四国・九州IL選抜が序盤で4点をリードされましたが、4回にYAMASHIN(高知)の適時打で1点を返します。その後中日2軍に1点を追加されましたが、7回表に四国・九州IL選抜は、中日の朝倉から荒川(福岡)・梶田(高知)・真輝(高知)・西村悟(福岡)が4連続安打を放ち3点を上げ、1点差に迫ります。これに対して中日2軍も7回裏1点を追加しますが、四国・九州IL選抜は粘りを見せ、9回走者1・3塁の好機にワイルドピッチで1点を奪います。しかし、後続が絶たれ反撃も1歩及ばず、四国・九州IL選抜は中日2軍に5対6で惜しくも敗れました。
中日ドラゴンズ2軍・辻発彦監督のコメント
「今日は打たれました。打者のスイングが昨日より鋭く感じました。特に3・4番(真輝・西村悟)の力強い振りが印象に残りました。また、先発の福田投手は、ストレートやスライダー等いいボールを投げていました。ILの選手が今後NPBで通用する選手になるには、強い気持ちを持つことが必要です。信念を持ち目標に向かって頑張ってほしいと思います。」
四国・九州IL選抜・定岡智秋監督のコメント
「前半に守りの細かいミスから失点してしまったのが残念でした。また、NPBの投手は変化球と直球の腕の振りが同じであることや、打者は狙い球をしっかりと打ってくる事等もILの選手は見習ってほしいと思います。しかし、今日は投手陣も皆自分の持ち味を発揮してくれましたし、打者も1軍で実績のある朝倉からヒットを打ち得点できたことは自信になったはずです。」
先発しMAX144kをマークした福田投手(香川)
先発しMAX144kをマークした福田投手(香川)

 


7回表反撃ムードの四国・九州IL選抜ベンチ
7回表反撃ムードの四国・九州IL選抜ベンチ


4番左翼で出場2安打2打点と活躍した西村悟選手(福岡)
4番左翼で出場2安打2打点と活躍した西村悟選手(福岡)






8/26(火) ナゴヤ球場 12時30分 試合開始
試合時間:2時間37分
  1 2 3 4 5 6 7 8 9 H E
四国・九州アイランドリーグ
0 0 0 1 0 0 0 0 0 1 4 1
中日ドラゴンズ2軍
3 0 0 3 0 0 0 0 X 6 9 0

  spacer.gif 【継投】 spacer.gif 【捕】
(ドラゴンズ2軍) spacer.gif 山内 > 久本 > 斉藤 > 菊地 > 高江洲 spacer.gif 田中 > 小山
(四国・九州IL) spacer.gif 川西 > 松田 > 塚本 > 篠原 > 角野 spacer.gif 西森 > 飯田

  【三塁打】
(ドラゴンズ2軍) 柳田
   
  【二塁打】
(ドラゴンズ2軍) 堂上剛 堂上直

四国・九州アイランドリーグ選抜と中日ドラゴンズ2軍の交流試合が、8月26日(火)名古屋市のナゴヤ球場で行われました。
試合は、1回裏中日2軍が4本の長短打で3点を先制します。これに対して四国・九州IL選抜は、4回表に1死満塁で国本(香川)が四球を選び押し出しで1点を返し、反撃を試みます。しかし、中日2軍は4回裏柳田の2点適時3塁打等で3点を追加、6対1とリードを広げます。その後四国・九州IL選抜は中日投手陣を打ち崩すことができず、1対6で敗れました。
試合には敗れましたが、角野投手(福岡)がMAX147k、18歳の篠原投手(愛媛)がMAX143kを記録する等、四国・九州IL選抜の選手たちは、秋のドラフトに向け実力をアピールしていました。
中日ドラゴンズ2軍との交流試合は、27日もナゴヤ球場で行われます。
中日ドラゴンズ2軍・辻発彦監督のコメント
「今日の試合では、ILの打者はスイングスピードが物足りない印象を受けました。また、投手は細かいコントロールを身につけることが必要だと感じました。今後さらに上のレベルで野球をするためには、自分の長所を磨き、それをアピールしてほしいと思います。」
四国・九州IL選抜・定岡智秋監督のコメント
「初回の3点でゲームの流れが決まってしまった感がありました。失点した川西や松田は直球での勝負にこだわった部分が見受けられましたが、もっと自分の持ち味をいかした投球していれば、そう簡単には失点しなかったはずです。打者は中日投手陣の球威に力負けしていました。明日はもっといいゲームができるよう頑張ります。」
試合後ナゴヤ球場のファンに挨拶をする四国・九州IL選抜チーム
試合後ナゴヤ球場のファンに挨拶をする四国・九州IL選抜チーム

 


8回に登板しMAX147kをマークした角野投手(福岡)
8回に登板しMAX147kをマークした角野投手(福岡)


6回に右前安打を放った古卿選手(高知)
6回に右前安打を放った古卿選手(高知)






8/6(水) 阪神鳴尾浜球場 13時00分 試合開始
試合時間:2時間36分
  1 2 3 4 5 6 7 8 9 H E
高知ファイティングドッグス
0 0 0 0 0 0 1 0 2 3 7 2
阪神タイガース2軍
1 0 0 0 2 0 2 0 X 5 10 0

  spacer.gif 【継投】 spacer.gif 【捕】
(タイガース2軍) spacer.gif 白仁田 > 若竹 > 辻本 > 黒田
> 桟原
spacer.gif 岡崎 > 田中 > 橋本
(高知FD) spacer.gif 西川 > ミン > 山中 > 野原
> 山隈 > 上里田
spacer.gif 飯田 > 藤嶋 > キム

  【本塁打】
(タイガース2軍) 大和
   
  【二塁打】
(タイガース2軍) 秀太

高知ファイティングドッグスと阪神タイガース2軍の交流試合が、兵庫県西宮市の阪神鳴尾浜球場で行われました。
試合は、高知FDが1回に1点、5回に2点を失いリードを奪われますが、7回表に真輝の適時打で1点を返します。7回裏高知FDは2点を奪われ1対5と点差が広がりましたが、9回に意地を見せます。流、梶田、真輝、中村の4連続安打で2点を返し3対5と2点差に詰め寄り、なおも1死1・2塁の好機を迎えます。しかし、後続が絶たれ試合終了、高知FDは3対5で阪神タイガース2軍に健闘及ばず敗れました。
高知FD・定岡智秋監督のコメント
「阪神さんはドラフト1巡目ルーキーの白仁田投手をはじめ好選手を大勢起用してくれたので、高知の選手には本当にいい経験になりました。こうして交流戦に直接対戦に肌で感じたことを今後に活かしてほしいと思います。特に投手が速球と変化球を全く同じ腕の振り方で投げることや、狙い球をしっかりと打ってくる点等は参考になったはずです。」

先発し2回を投げた西川投手
先発し2回を投げた西川投手


2安打2打点と活躍した真輝選手
2安打2打点と活躍した真輝選手






8/5(火) 阪神鳴尾浜球場 13時00分 試合開始
試合時間:3時間03分
  1 2 3 4 5 6 7 8 9 H E
四国・九州アイランドリーグ
0 1 0 0 0 0 1 0 0 2 9 1
阪神タイガース2軍
0 0 1 0 2 0 0 0 X 3 6 0

  spacer.gif 【継投】 spacer.gif 【捕】
(タイガース2軍) spacer.gif 福原 > 筒井 > 清原 > 小嶋
> 横山 > 金村大
spacer.gif 清水 > 岡崎
(四国・九州) spacer.gif 篠原 > 土田 > 松居 > 入野
> 西川雅 > キム
spacer.gif 西森 > 堂上

  【本塁打】
(タイガース2軍) 高橋勇
   

四国・九州アイランドリーグ選抜と阪神タイガース2軍の交流試合が、兵庫県西宮市の阪神鳴尾浜球場で行われました。
試合は、2回に四国・九州IL選抜が阪神先発の福原から丈武(香川)と荒川(福岡)が連続で安打を放ち1点を先制しますが、3回に1点、5回に2点を失い、阪神2軍に1対3とリードを奪われます。
2点差を追う四国・九州IL選抜は、7回に1死満塁の好機に押し出し四球で1点で返しましたが、後続が絶たれ1点止まり、最終回にも1死満塁の好機が訪れましたが得点に結び付けることが出来ず、2対3で四国・九州IL選抜は阪神タイガース2軍に惜しくも敗れました。
四国・九州IL選抜は、NPP球団に今季初黒星を喫し、今季のNPB球団との対戦成績は5勝1敗となりました。
阪神タイガース2軍・平田勝男監督のコメント
「四国・九州ILはレベルが高く、選手たちの野球に対する姿勢や情熱は阪神の選手のみならず、われわれ指導者にとっても大変刺激になります。今後ILの選手たちにはNPBの1軍で即戦力となるには何をすればいいのかを考えて取り組んでほしいと思います。特に投手はストレートの威力、打者は1軍の投手を打つ技術を身に付けることが課題でしょう。」
四国・九州IL選抜・定岡智秋監督のコメント
「惜しい試合でした。5回・7回・9回と3度満塁の好機がありながら攻め切れなかったのは残念です。しかし、阪神の福原投手からヒットを打った丈武や荒川は自信に繋がったはずです。また、野手は盗塁等も含め皆持ち味を発揮し、投手陣もよく投げてくれたと思います。」

2回阪神の福原投手から左前安打を放った丈武選手(香川)
2回阪神の福原投手から左前安打を放った丈武選手(香川)





2008年7月



7/29(火) ロッテ浦和球場 12時00分 試合開始
試合時間:2時間38分
  1 2 3 4 5 6 7 8 9 H E
四国・九州アイランドリーグ
3 0 0 2 2 0 0 0 0 7 11 3
フューチャーズ
0 0 2 0 0 0 1 0 1 4 8 0

  spacer.gif 【継投】 spacer.gif 【捕】
(フューチャーズ) spacer.gif 津田(日本ハム) > 黒滝(ロッテ)
> 深沢(巨人) > 鈴木(巨人)
> 染田(湘南) > 江口(ロッテ)
> 橋本(ヤクルト)
spacer.gif 佐藤(巨人)
> 銀次(楽天)
(四国・九州) spacer.gif 西川 > 渡邊 > 中江 > 松居
> 上里田
spacer.gif 堂上 > 永井
> 飯田

  【本塁打】
(フューチャーズ) 山本光(巨人)2
(四国・九州) 比嘉(愛)・YAMASHIN(高)
   
  【2塁打】
(四国・九州) 堂上(香)・林(長)・梶田(高)・中村(高)

四国・九州アイランドリーグ選抜とフューチャーズ(イースタン・リーグ混成チーム)の交流試合が、7 月29日(火)さいたま市のロッテ浦和球場で行われました。試合は、1回に四国・九州IL選抜が堂上 (香)の適時2塁打と比嘉(愛)の2点本塁打で3点を先制します。四国・九州IL選抜は、3回に2点を返されましたが、4回に梶田(高)の適時打とYAMASHIN(高)のソロ本塁打で2点、さらに5回には巨人の深沢投手(元香川OG)から中村(高)の適時打等で2点を追加、7対2とリードを広げます。その後四国・九州IL選抜は終盤2点を失いましたが、7対4でフューチャーズに快勝、28日続き連勝しました。これで四国・九州IL選抜は、今季NPBとの交流戦に5連勝です。
フューチャーズ・深沢和帆投手(巨人)のコメント
(1イニングを投げ、被安打2 四死球2 失点2)
「ILも年々強くなっていると思いますが、今日は、僕自身が普段練習してきたことを全く試合で出せず、残念な結果でした。特に直球でストライクが取れなかったのが痛かったです。もう一度一から出直して頑張ります。」
フューチャーズ・玉木重雄監督のコメント
「ILの選手たちは今日もいい打撃をしていました。フューチャーズの投手はイースタンでも登板機会が少なく、若く実績のない投手ばかりですので、いい経験になったと思います。またILの選手からはフューチャーズ以上に必死さが伝わってきました。」
四国・九州IL選抜・定岡智秋監督のコメント
「今日も選手たちが自分の役割をきちっと果たしてくれました。NPBのスカウトにもいいPRが出来たと思います。しかし、NPBの投手のボールのキレや、打者が狙い球を絞ってしっかりと打ってくること等は参考になったはずです。今後の更なる努力を期待しています。」

本塁打を含む2安打を放ったYAMASHIN選手(高知)
本塁打を含む2安打を放ったYAMASHIN選手(高知)


試合後握手を交わす両チームの選手
試合後握手を交わす両チームの選手






7/28(月) 東京・大田スタジアム 17時00分 試合開始
試合時間:3時間6分
  1 2 3 4 5 6 7 8 9 H E
四国・九州アイランドリーグ
0 0 0 0 2 5 2 0 2 11 11 1
フューチャーズ
0 0 0 1 0 0 2 0 0 3 7 2

  spacer.gif 【継投】 spacer.gif 【捕】
(フューチャーズ) spacer.gif 西崎(ヤクルト) > 林(ロッテ) > 川口(巨人)
> 西村(巨人) > 木興(ロッテ) > 朱(西武)
> 橋本(湘南) > 糸数(日本ハム)
spacer.gif 伊集院(巨人)
> 山本大(楽天)
> 銀次(楽天)
(四国・九州) spacer.gif 川西 > ケリー > イ > 土田 > キム spacer.gif 飯田 > 永井
> 堂上

  【3塁打】
(フューチャーズ) 斉藤(西武)
   
  【2塁打】
(四国・九州) 中村(高)・金丸(徳)2
(フューチャーズ) 関口(湘南)

四国・九州アイランドリーグ選抜とフューチャーズ(イースタン・リーグ混成チーム)の交流試合が、7月28日(月)東京都大田区の大田スタジアムで行われました。試合は、1点を先制された四国・九州IL選抜が5回にYAMASHIN(高知)の2点適時打で逆転し試合の流れを掴みます。勢いのった四国・九州IL選抜は、6回には金丸(徳島)・古卿(高知)の2点適時打等で5点を奪いリードを広げます。さらに7回と9回にも2得点を上げた四国・九州IL選抜は、11対3の大差でフューチャーズに勝利を収めました。これで、今季四国・九州IL選抜は、NPBとの交流戦で4連勝です。四国・九州IL選抜は29日もロッテ浦和球場でフューチャーズと対戦します。
フューチャーズ・玉木重雄監督のコメント
「この試合では、投手陣が崩れ、いつものフューチャーズのプレーが出来ませんでした。それに対してILさんの積極的な打撃のよさが目立ちました。ILの選手たちはこの試合のように諦めずに必死になって日々頑張れば、自分たちの夢を掴めると思います。」
四国・九州IL選抜・定岡智秋監督のコメント
「NPBのスカウトを前に自分をPRしようと少し力が入りすぎているところもありましたが、選抜チームの選手たちは皆自分の役割をしっかりと理解しプレーしていたので、安心して采配をふるうことができました。29日の試合も勝利を目指して頑張ります。」





7/6(日) 西条市ひうち球場 13時30分 試合開始
動員数:4146人 試合時間:3時間1分
  1 2 3 4 5 6 7 8 9 H E
愛媛マンダリンパイレーツ
0 0 0 3 0 0 2 1 0 6 8 1
読売ジャイアンツ2軍
0 0 2 0 4 2 0 0 X 8 12 2

  spacer.gif 【継投】 spacer.gif 【捕】
(愛媛MP) spacer.gif 篠原 > 森 > 高木 spacer.gif 梶原
(巨人) spacer.gif 西村優 > 竹嶋 > 大抜 > 加登脇 > 三木 spacer.gif 加藤

  【本塁打】
(巨人) 加藤2 籾山
(愛媛MP) 檜垣
 
  【3塁打】
(愛媛MP) 梶原
   
  【2塁打】
(巨人) 脇谷
(愛媛MP) 大津

愛媛マンダリンパイレーツと読売ジャイアンツ2軍との交流試合が、7月6日(日)愛媛県西条市の西条市ひうち球場で行われました。
試合は、ジャイアンツが3回に2点を先制しますが、愛媛MPが4回に高田のタイムリー等で3点を上げ逆転します。しかしジャイアンツは5回に4点、6回に2点を上げ8対3と再びリードを奪います。一方愛媛MPも粘りを見せ、7回に梶原のタイムリースリーベース等で2点、8回にも檜垣のソロホームランで1点を返し、2点差に詰め寄ります。しかし反撃も一歩及ばず、愛媛MP
は6対8で読売ジャイアンツ2軍に敗れました。
読売ジャイアンツ・吉村禎章監督のコメント
「愛媛MPは、NPB出身の監督・コーチの方から指導を受け、選手はそれに応えていいプレーを見せてくれました。特に、投手は皆強い気持ち打者に向かってきているのが感じられました。この交流戦も今年で3年目ですが、これからもお互いに頑張って行きたいと思います。」
愛媛MP・沖泰司監督のコメント
「前期が終ってから後期に向けて打線をテコ入れしましたが、少しずつ手ごたえを感じています。この試合でも最後まで粘れる野球ができてきていることを感じました。投手陣の整備はやや必要ですが、若い選手たちが次第に力を付け、チームもいい方向に変わってきています。また、この試合では、巨人の選手が常にしっかりと自分のスイングが出来ていること等は、MPの選手たちに勉強になったはずです。」





7/5(土) 香川・サーパススタジアム 18時 試合開始
動員数:7101人 試合時間:2時間33分
  1 2 3 4 5 6 7 8 9 H E
読売ジャイアンツ2軍
0 0 1 0 0 0 0 0 1 2 6 0
香川オリーブガイナーズ
0 0 0 1 0 0 2 0 X 3 9 2

  spacer.gif 【継投】 spacer.gif 【捕】
(巨人) spacer.gif 古川 > 村田 > リン > 川口 > 深沢 spacer.gif 星 > 伊集院
(香川OG) spacer.gif 塚本 > 松居 > 金子 > 橋本 spacer.gif 堂上

  【本塁打】
(香川OG) 丈武2
(巨人) 隠善
 
  【3塁打】
(香川OG) 西森
   
  【2塁打】
(香川OG) シン

香川オリーブガイナーズと読売ジャイアンツ2軍との交流試合が、7月5日(土)香川・サーパススタジアムで行われました。
試合は香川先発の塚本が6回を3安打1失点に抑える好投を披露します。そして打線も塚本の好投に応え、丈武が4回と7回にソロホームランを放ち逆転、さらに7回には西森のタイムリースリーベースで3対1とリードを広げます。香川OGは9回に1点を失いましたが、3対2で読売ジャイアンツ2軍に勝利を収めました。これで、四国・九州ILのチームはNPB球団を相手に4連勝です。
8回には、ジャイアンツの深沢投手(元香川OG)が登板、古巣の香川打線を無失点に抑えました。
またこの試合では、ILの試合でサーパススタジアム最多となる7101人のお客様にご来場頂きました。
読売ジャイアンツ・吉村禎章監督のコメント
「この試合に限らず、ILの選手たちにはプレーに対し“必死さ”が感じられます。香川OGは、中軸に好打者が揃い、足の速い選手も多く、本当に鍛えられた好チームでした。6日の愛媛戦も頑張ります。」
読売ジャイアンツ・深沢和帆投手(元香川OG)のコメント
「OGにいたころの気持ちを思い出しました。OGの選手も皆進歩していることも実感しました。自分は、下半身をもっと使えるようなフォームに変えたばかりで、今日は変化球の出来が今ひとつでした。」
香川OG・西田真二監督のコメント
「ウチの投手陣が巨人さんを2点に抑えることができたことは、大きいと思います。また、丈武の2本の本塁打は本当にナイスバッティングでした。また、巨人先発の左腕の古川投手のような好投手と対戦できたことは、香川の選手にもいい経験になったはずです」




2008年6月



6/28(土) ヤフードーム 10時10分 試合開始
試合時間:2時間54分
  1 2 3 4 5 6 7 8 9 H E
四国・九州アイランドリーグ
1 0 0 0 0 1 3 0 0 5 11 0
福岡ソフトバンクホークス2軍
0 0 0 0 0 0 0 1 0 1 6 0

  spacer.gif 【継投】 spacer.gif 【捕】
(四国・九州) spacer.gif ケリー > 塚本 > 酒井 > 西川
> 高木 > 宇都宮 > キム
spacer.gif 堂上
(ホークス) spacer.gif スタンドリッジ > 大田原 > 星野 spacer.gif 荒川 > 高谷

  【本塁打】
(ホークス) 仲澤
 
  【2塁打】
(四国・九州) 真輝(高知FD)

四国・九州アイランドリーグ選抜と福岡ソフトバンクホークス2軍との交流試合が、6月28日(土)福岡市のヤフードームで行われました。
試合は1回にIL選抜が、真輝(高)のタイムリーツーベースで1点を先制、さらに6回に1点を追加、続く7回には、智勝(香)・大島(愛)・YAMASHIN(高)・國信(福)・洋輔(香)の5連安打で3点を奪い5対0とリードを広げました。守ってもノーエラーで好投の投手陣を盛り立て、8回のソロホームランの1点のみに抑え、四国・九州IL選抜が5対1で福岡ソフトバンクホークス2軍に勝利を収めました。
これで今季四国・九州IL選抜はソフトバンク2軍に3連勝です。
福岡ソフトバンクホークス2軍・石渡茂監督のコメント
「勝負だけでなく、内容的にもウチにとってはさびしい試合となってしまいました。もっとプロとしてのプライドを見せ付けられるようなプレーをしなければいけません。こうした結果を受けとめ、夢を追って頑張るILの選手たちから、ウチの若い選手が刺激を受け奮起してくれると思います。」
四国・九州IL選抜・西田真二監督のコメント
「各チームから選ばれた選手たちがチームとして上手く機能してくれました。もちろん勝つことが目標ですが、今日の試合では選手個々の能力もアピールできたと思います。特にリリーフで2イニングをパーフェクトに抑えた酒井投手の好投は光りました。」





6/4(水) アグリあなんスタジアム 18時00分 試合開始
動員数:1102人 試合時間:2時間43分
  1 2 3 4 5 6 7 8 9 H E
福岡ソフトバンクホークス2軍
1 0 0 0 0 0 3 0 0 4 5 5
四国・九州アイランドリーグ
3 2 0 0 0 0 1 0 X 6 4 0

  spacer.gif 【継投】 spacer.gif 【捕】
(ホークス) spacer.gif 大西 > 大田原 > 佐藤 spacer.gif 荒川
(四国・九州) spacer.gif 梅原 > 橋本 > 角野 > 高尾
> 前田 > 上里田
spacer.gif 飯田 > 加藤 > 西森

  【本塁打】
(ホークス) 明石
 
  【2塁打】
(四国・九州) 國信2(福岡RW)

四国・九州アイランドリーグ選抜と福岡ソフトバンクホークス2軍との交流試合が、6月4日(水)徳島県阿南市のアグリあなんスタジアムで行われました。
試合は1回表ソフトバンクが明石の先頭打者本塁打で1点を先制しましたが、ILがその裏洋輔(香)の犠牲フライと2つの押出四球で3点を奪い逆転、さらに3回にも洋輔の犠牲フライと小松崎のタイムリーで2点を追加、5対1とリードしました。
これに対しソフトバンクは7回表明石のタイムリー等で3点を返し、1点差に迫ります。
しかしILは7回に相手のエラーで貴重な1点を追加、6対4で勝利を収め、3日に続きIL選抜はソフトバンク2軍に連勝しました。
福岡ソフトバンクホークス2軍・石渡茂監督のコメント
「今回はウエスタンでもあまり出場機会のない選手に経験を積ませることも目的の一つでしたが、そうした選手にはいい経験になったはずです。特にILの選手たちの上を目指そうという強い気持ちはソフトバンク選手の刺激にもなりました。ILの選手は皆可能性を秘めた選手ばかりです。目標を実現できるよう頑張ってほしいと思います。」
四国・九州IL選抜・白石静生監督のコメント
「負けなくてよかったというのが正直な感想です。7回に1点差に追い上げられた時にリリーフの前田がよくピンチをしのいでくれました。この試合では相手が与えてくれた四死球や相手のエラーに助けられた部分もありましたが、ILの選手たちのレベルも着実に進歩しています。今後も選手たちはさらに上のレベルを目指して努力を重ねてほしいと期待しています。」





6/3(火) 香川・サーパススタジアム 18時00分 試合開始
動員数:2435人 試合時間:2時間40分
  1 2 3 4 5 6 7 8 9 H E
福岡ソフトバンクホークス2軍
0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 5 1
四国・九州アイランドリーグ
0 0 0 1 1 3 0 0 X 5 10 0

  spacer.gif 【継投】 spacer.gif 【捕】
(ホークス) spacer.gif 川頭 > 陽 spacer.gif 加藤
(四国・九州) spacer.gif 塚本 >前田> 高木 > 上里田 > 西川 spacer.gif 堂上

  【2塁打】
(四国・九州) 丈武(香) 長崎(愛) 古卿(高) 智勝(香)

四国・九州IL6球団からの選抜チームと福岡ソフトバンクホークス2軍との交流試合が、6月3日(火)香川・サーパススタジアムで行われました。
試合はIL先発の塚本(香)・ソフトバンク先発の川頭の投げ合いで4回表まで両チームとも得点がありませんでした。
しかILは4回裏智勝(香)のタイムリーで1点を先制、さらにILは5回裏に小松崎(徳)のタイムリーで1点、6回には智勝と檜垣(愛)のタイムリー等で3点を追加、5対0と大きくリードしました。
守ってもILは塚本・前田(長)・高木(愛)・上里田(高)・西川(愛)の投手リレーとノーエラーの好守でソフトバンク打線を零封し、5対0で快勝しました。
4日は舞台を徳島のアグリあなんスタジアムで四国・九州IL選抜対ソフトバンク2軍戦が行われます。
福岡ソフトバンクホークス2軍・石渡茂監督のコメント
「アイランドリーグは個々に優れた選手も大勢いますし、チーム力としてもかなりレベルアップしていると思います。アイランドリーグよりも恵まれた環境で野球が出来るソフトバンクの選手たちには『もっとしっかりやらなければいけない』と試合後話しました。アイランドリーグの選手に中では、特に上里田投手・西川投手・塚本投手の投球が目をひきました。」
四国・九州IL選抜・西田真二監督のコメント
「ソフトバンクさんを0点に抑えることができたことは非常に価値の高いことです。アイランドリーグの選手たちは今日の試合で自分たちの力を十分に発揮することができました。これまで公式戦やNPBとの交流戦等を数多く経験してきたことで、着実に成長している証だと思います。」




2008年5月



5/20(火) 神戸総合運動公園サブ 12時30分 試合開始
試合時間:3時間20分
  1 2 3 4 5 6 7 8 9 H E
高知ファイティングドッグス
0 1 0 4 0 0 0 0 2 7 12 3
サーパス
0 0 0 5 0 2 1 3 X 11 17 0

  spacer.gif 【継投】 spacer.gif 【捕】
(高知FD) spacer.gif 西川 > ラミレス・ジュニア > 上里田
> ケリー > ミン > 野原
spacer.gif 飯田 > キム
(サーパス) spacer.gif 仁藤 > 梅村 > 鴨志田 > 山崎 spacer.gif 伊藤 > 横山

  【3塁打】
(高知FD) 梶田
(サーパス) 田中 平下
 
  【2塁打】
(高知FD) オ2 工藤 中村
(サーパス) 吉良 田中 裕次郎

高知ファイティングドッグスとサーパスとの交流試合が、5月20日(火)神戸総合運動公園サブ野球場で行われました。
試合は、2回高知がオのタイムリーツーベースで1点を先制、4回にもオや工藤のタイムリーツーベース・梶田のタイムリースリーベース等で4点を追加、5対0とリードを広げました。
しかし4回裏に5点を返され同点、さらに6回に2点、7回に1点、8回に3点を失います。これに対し、高知は最終回に中村が2点タイムリーツーベースを放ち反撃を見せましたが及ばず、7対11でサーパスに惜しくも逆転負けを喫しました。
高知ファイティングドッグス・定岡智秋監督のコメント
「打線は力負けせずよく打ってくれました。しかし投手陣は気負いすぎて本来の投球が全く出来なかったのが残念です。この試合でサーパスさんのチャンスにファーストストライクから積極的に打って行く打撃や狙い球をしっかりスイングすること等は、高知の選手にも参考にしてほしいと思います。また、ケリーは来日初登板でしが、MAX142Km/hをマークする等今後戦力としてやってくれそうな手ごたえを感じさせてくれました。」





space.gif
spacer.gif
top