試合予定/結果

日本独立リーグ グランドチャンピオンシップ

日本独立リーグ グランドチャンピオンシップ2013

四国アイランドリーグplusでは、IL年間総合優勝チームの徳島インディゴソックスとBCL優勝の石川ミリオンスターズが戦う、日本独立リーグ・グランドチャンピオンシップ2013の日程及び概要が決定いたしましたので、お知らせいたします。

【BCLラウンド】
<第1戦>
日時・球場:10月19日(土) 18:15試合開始 金沢市民野球場
対戦カード:石川ミリオンスターズ 対 徳島インディゴソックス
<第2戦>
日時・球場:10月20日(日) 18:15試合開始 金沢市民野球場
対戦カード:石川ミリオンスターズ 対 徳島インディゴソックス
<予備日>
10月21日(月) 18:15 金沢市民野球場
10月22日(火) 18:15 金沢市民野球場

【四国ILplusラウンド】
<第3戦>
日時・球場:10月26日(土) 17:00試合開始(16:00開場) JAバンク徳島スタジアム
対戦カード:徳島インディゴソックス 対 石川ミリオンスターズ
<第4戦>
日時・球場:10月27日(日) 17:00試合開始(16:00開場) JAバンク徳島スタジアム
対戦カード:徳島インディゴソックス 対 石川ミリオンスターズ
<第5戦>
日時・球場:10月28日(月) 17:00試合開始(16:00開場) JAバンク徳島スタジアム
対戦カード:徳島インディゴソックス 対 石川ミリオンスターズ
<予備日>
10月29日(火) 18:00 JAアグリあなんスタジアム ※球場・試合開始時間が変更になりました。
10月30日(水) 17:00 JAバンク徳島スタジアム
10月31日(木) 17:00 JAバンク徳島スタジアム

※どちらかのチームが3勝、優勝が決定した時点で次の試合は行いません。

10月27日 グランドチャンピオンシップ第4戦 試合結果
石川ミリオンスターズが独立リーグ日本一に決定

 IL年間総合優勝の徳島インディゴソックスとBCL優勝の石川ミリオンスターズとの対戦となった日本独立リーグ・グランドチャンピオンシップ2013の第4戦が、10月27日(日)徳島県のJAバンク徳島スタジアムで行われました。試合は、初回に1死満塁のチャンスで松嶋が四球を選び、押し出しで1点を先制します。先発の山口は、打たせて取る投球で6回途中無失点と、先発としての役目を果たします。8回まで盤石リレーで無失点に抑え、9回に守護神シレットを送り出すも、2死から1点を失い延長戦に突入します。勝負が決まったのは13回。1点を勝ち越され、なおも無死2、3塁の場面で適時打を浴びるなど3点を取られます。最終回に意地を見せ1点を返しますが、2-4で石川ミリオンスターズに敗れました。
 この結果、2013日本独立リーグ覇者は石川ミリオンスターズに決まりました。

10月27日(日) JAバンク徳島スタジアム 試合開始17:00 観客数:715人 試合時間:4時間27分
  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 H E
石川ミリオンスターズ
0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 3 4 9 0
徳島インディゴソックス
1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 2 11 1
石川MS
【投】 上條-松山-マルティネス-木田
【捕】 納谷-深澤
徳島IS
【投】 山口-入野-シレット-岩根
【捕】 山城
【二塁打】 井生(徳)、吉村(徳)

【 石川ミリオンスターズ・森慎二監督のコメント 】
「2013年のシーズンは浮き沈みもありましたが、チャンピオンシップに入り、皆様の御声援を頂く毎に、チームの状態が良くなりました。最後はここ徳島まで駆けつけて下さいましたファンの皆様、そして石川からご声援を送っていただいたファンの皆様、そして関係する全ての皆様の御声援が後押しとなり日本一に繋がったと思います。1年間支えていただいたすべての皆様に感謝申し上げます。1年間、誠にありがとうございました」

【 徳島インディゴソックス・島田直也監督のコメント 】
「四国の代表として日本一を目指して戦いましたが、力不足で悔しい思いです。しかし選手たちはよくやってくれました。また日本一を目指すと言う大きな課題ができましたので、この悔しさを来年に繋げたいと思います。ファンの皆様には1年間応援していただき、ありがとうございました。皆さんの応援は本当に力になりました。最後悔しい結果に終わりましたが、また来年も応援よろしくお願い致します」

10月26日 グランドチャンピオンシップ第3戦 試合結果

 IL年間総合優勝の徳島インディゴソックスとBCL優勝の石川ミリオンスターズとの対戦となった日本独立リーグ・グランドチャンピオンシップ2013の第3戦が、10月26日(土)徳島県のJAバンク徳島スタジアムで行われました。試合は、バルデス(石)の2点本塁打で石川に先制を許します。更に4回に、二死1,2塁から二塁打を打たれ0-5と劣勢に立たされますがその裏、主砲・大谷龍(徳)のバックスクリーン左への本塁打で1点を返します。その後、両チームとも無得点で迎えた9回の攻撃に松嶋(徳)の内野安打を皮切りに、吉村(徳)の左前適時打で1点を返して意地を見せますが後続が断たれ、2-5で石川ミリオンスターズに敗れました。
 第4戦は10月27日(日)にJAバンク徳島スタジアムで行われます。

10月26日(土) JAバンク徳島スタジアム 試合開始17:00 観客数:795人 試合時間:3時間12分
  1 2 3 4 5 6 7 8 9 H E
石川ミリオンスターズ
0 3 0 2 0 0 0 0 0 5 7 0
徳島インディゴソックス
0 0 0 1 0 0 0 0 1 2 6 2
石川MS
【投】 南-マルティネス-木田
【捕】 納谷
徳島IS
【投】 小松-岩根-安里-福岡
【捕】 小野
【本塁打】 バルデス(石)、大谷龍(徳)
【二塁打】 小倉(石)、谷口2(石)、サンチェス(石)

【 徳島インディゴソックス・島田直也監督のコメント 】
「ウチのやっていた野球をやられてしまいました。力の差は変わらないと思いますが、石川の方が自分たちの野球ができているように思います。しかし、逆に明日と明後日野球ができると考え、ここまできたら、勝って終わりたいと思います」

10月21日 グランドチャンピオンシップ第2戦 試合結果

 IL年間総合優勝の徳島インディゴソックスとBCL優勝の石川ミリオンスターズとの対戦となった日本独立リーグ・グランドチャンピオンシップ2013第2戦が、10月21日(月)石川県の金沢市民野球場で行われました。試合は、初回に大谷真の適時打で1点を先制するも、その裏すぐに同点とされます。更に2回に石川・石突に本塁打を浴びるなど序盤で7失点と主導権を握られます。4回以降は無失点に抑えた徳島インディゴソックスは7、9回に東の適時打2本で2点を返すなど、相手を上回る12安打を放ちますが、3-7で破れました。
 第3戦は10月26日(土)にJAバンク徳島で行われます。

10月21日(月) 金沢市民野球場 試合開始18:15 観客数:504人 試合時間:3時間20分
  1 2 3 4 5 6 7 8 9 H E
徳島インディゴソックス
1 0 0 0 0 0 1 0 1 3 12 1
石川ミリオンスターズ
1 2 4 0 0 0 0 0 0 7 8 1
徳島IS
【投】 岩根-サノ-安里-宍戸-福岡
【捕】 小野-山城
石川MS
【投】 南-高-松山-森-木田
【捕】 納谷
【本塁打】 石突(石)
【二塁打】 吉村(徳)

【 徳島インディゴソックス・島田直也監督のコメント 】
「先頭打者への四球など、無駄なミスからこう言う展開になったと思います。自分がやるべき事をしっかりできず、気持ちで負けていました。しかし、中継ぎ陣が頑張って流れを引きとめ、7、8、9回はウチの粘り強い野球ができましたので、次に繋がると思います。四国ラウンドまでの4日間の間に気持ちをしっかり引き締めて、ホームでやり返したいと思います。ホームで絶対勝ちますので、応援よろしくお願いします」

10月19日 グランドチャンピオンシップ第1戦 試合結果

 IL年間総合優勝の徳島インディゴソックスとBCL優勝の石川ミリオンスターズとの対戦となった日本独立リーグ・グランドチャンピオンシップ2013第1戦が、10月19日(土)石川県の金沢市民野球場で行われました。徳島IS・小松、石川MS・上條の両先発で始まった試合は、4回まで両軍無得点と緊迫した試合となります。5回に先頭打者への四球をきっかけに1点を先制された徳島ISですが、7回にマルティネス投手のボークにより3塁走者・三ヶ島が生還し同点とします。その後再三のピンチを切り抜けると、9回に安打で出塁した神谷を、吉村の三塁打でホームに迎え入れ逆転に成功。盤石の継投リレーで9回をシレットが三者三振で締め、徳島インディゴソックスが2-1で勝利しました。
 第2戦は10月20日(日)に金沢市民野球場で行われます。

10月19日(土) 金沢市民野球場 試合開始18:15 観客数:912人 試合時間:3時間16分
  1 2 3 4 5 6 7 8 9 H E
徳島インディゴソックス
0 0 0 0 0 0 1 0 1 2 7 0
石川ミリオンスターズ
0 0 0 0 1 0 0 0 0 1 5 1
徳島IS
【投】 小松-入野-シレット
【捕】 小野
石川MS
【投】 上條-マルティネス-木田
【捕】 納谷-笹沢
【三塁打】 吉村(徳)
【二塁打】 タカ(石)

【 徳島インディゴソックス・島田直也監督のコメント 】
「GCS初戦で緊張しましたが、いい緊張感の中で締まった野球ができました。こういう試合で初戦を勝てたのはとても大きいです。石川もいいチームで厳しい試合でしたが、みんなで何とかしようと言う気持ちが見え、最後まで諦めないウチの野球ができました。明日からは少しリラックスして自分の野球ができると思います。2連勝して徳島に帰りたいと思いますので、応援よろしくお願いします」

【 勝ち越し三塁打を打った吉村選手のコメント 】
「2アウトだったので、絶対自分が還すと言う気持ちで打席に入りました。何が何でも初戦を勝ちたかったので、思い切り気持ちで打ちました。抜けてくれて本当によかったです」

top