試合予定/結果

日本独立リーグ グランドチャンピオンシップ

日本独立リーグ グランドチャンピオンシップ2012

四国アイランドリーグplusでは、IL年間総合優勝チームの香川オリーブガイナーズとBCL優勝の新潟アルビレックスBCが戦う、日本独立リーグ・グランドチャンピオンシップ2012の日程及び概要が決定いたしましたので、お知らせいたします。

対戦カード
香川オリーブガイナーズ 対 新潟アルビレックスBC

開催概要
■四国ILplusラウンド
第1戦> 日時・球場:10月20日(土) 18:00試合開始(17:00開場) レクザムスタジアム
        対戦カード:香川オリーブガイナーズ 対 新潟アルビレックスBC
第2戦> 日時・球場:10月21日(日) 18:00試合開始(17:00開場) レクザムスタジアム
        対戦カード:香川オリーブガイナーズ 対 新潟アルビレックスBC
予備日
10月22日(月) 18:00 レクザムスタジアム
10月23日(火) 18:00 レクザムスタジアム

■BCLラウンド
第3戦> 日時・球場:10月27日(土) 12:30試合開始(11:00開場) 悠久山野球場
        対戦カード:新潟アルビレックスBC 対 香川オリーブガイナーズ
第4戦> 日時・球場:10月28日(日) 13:00試合開始(11:30開場) HARD OFF ECOスタジアム新潟
        対戦カード:新潟アルビレックスBC 対 香川オリーブガイナーズ
第5戦> 日時・球場:10月29日(月) 18:00試合開始(16:30開場) HARD OFF ECOスタジアム新潟
        対戦カード:新潟アルビレックスBC 対 香川オリーブガイナーズ
予備日
10月30日(火) 18:00 HARD OFF ECOスタジアム新潟
10月31日(水) 18:00 HARD OFF ECOスタジアム新潟
11月1日(木) 18:00 三條機械スタジアム

※どちらかのチームが3勝、優勝が決定した時点で次の試合は行いません。

 
10月27日 グランドチャンピオンシップ第3戦 試合結果

 IL年間総合優勝の香川オリーブガイナーズとBCL優勝の新潟アルビレックスBCとの対戦となった日本独立リーグ・グランドチャンピオンシップ2012第3戦が、 10月27日(土)新潟県の悠久山野球場で行われました。試合は、2回に新潟が2点を先制します。追いかける香川は3回、水口、小栗の連打で一死一・二塁の場面でダブルスチールを決め、大きくチャンスを広げますが、後続が続きません。5回には新潟に本塁打などで4点を追加され苦しい展開になりますが、その後は、大場、中野、渡辺、酒井の継投で、味方の反撃を待ちます。9回、ペレスが中安打で出塁しますが続かず、0ー6で敗れました。この結果、対戦成績は0勝3敗となり、新潟の優勝が決定しました。

10/27(土) 悠久山野球場 12:30 試合開始
観客数:2734人 試合時間:2時間44分
  1 2 3 4 5 6 7 8 9 H E
香川オリーブガイナーズ
0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 6 0
新潟アルビレックスBC
0 2 0 0 4 0 0 0 x 6 10 0

  【投】 spacer.gif 【捕】
(香川OG) 山野-西村-後藤-大塲-中野-渡辺-酒井 spacer.gif 星野
(新潟AB) 寺田 spacer.gif 平野

  【本塁打】
(新潟AB) 平野
  【2塁打】
(新潟AB) 平野2、足立

【新潟アルビレックスBC・高津臣吾監督のコメント】
「今年の戦いぶりが最後もできました。2012アルビ野球完成です。一年間ご声援ありがとうございました」
【香川オリーブガイナーズ・西田真二監督のコメント】
「三試合とも序盤に点が取れなくて、流れをこちらに持ってこれなかったことが敗因だと思います。新潟の選手は投打にバランスが取れていました。特に投手のコントロールの精度が良く、そこは香川よりも数段上のレベルであったと、素直に感じます。ここで打てる、ここで抑える、という結果こそが香川オリーブガイナーズの強さでした。反省点を率直に認め、来期に向けて始動いたします。最後まで応援ありがとうございました」
 

 
10月21日 グランドチャンピオンシップ第2戦 試合結果

 IL年間総合優勝の香川オリーブガイナーズとBCL優勝の新潟アルビレックスBCとの対戦となった日本独立リーグ・グランドチャンピオンシップ2012第2戦が、 10月21日(日)香川県のレクザムスタジアムで行われました。試合は初回、香川が星野の適時打などで2点を先制します。しかし、新潟も小刻みに反撃をし、6回に逆転を許しますが、その裏、ペレスの好走塁で作ったチャンスで、星野が今日2本目の適時打を放ちすかさず同点とします。しかし、7回に新潟は1点をあげ、再度逆転を許します。その後、8回には一死一・二塁、9回には二死二・三塁と攻め立てますがあと一本が出ず、3-4で惜敗しました。
 第3戦は10月27日(土)に新潟県の悠久山野球場で行われます。

10/21(日) レクザムスタジアム 18:01 試合開始
観客数:1002人 試合時間:3時間23分
  1 2 3 4 5 6 7 8 9 H E
新潟アルビレックスBC
0 1 1 0 0 1 1 0 0 4 11 0
香川オリーブガイナーズ
2 0 0 0 0 1 0 0 0 3 10 0

  【投】 spacer.gif 【捕】
(新潟AB) 阿部-羽豆-ロバート-間曽 spacer.gif 平野
(香川OG) 山野-西村-プルータ-大塲-後藤-酒井 spacer.gif 星野

  【本塁打】
(新潟AB) 清野
  【3塁打】
(新潟AB) 足立
  【2塁打】
(香川OG) ペレス、水口

【香川オリーブガイナーズ・西田真二監督のコメント】
「どちらに転んでもおかしくない試合でしたが、粘りのある新潟が1点多く取って勝ったと言う事です。これも野球です。今日はいいプレーもたくさんありましたし、短期決戦は何があるかわかりませんので、ワンプレーワンプレーを大事に、しっかり準備をして戦っていくだけです。2敗し後がありませんが、新潟で3連勝するつもりで戦ってきます。皆さん、応援よろしくお願いします」
 

 
10月20日 グランドチャンピオンシップ第1戦 試合結果

 IL年間総合優勝の香川オリーブガイナーズとBCL優勝の新潟アルビレックスBCとの対戦となった日本独立リーグ・グランドチャンピオンシップ2012第1戦が、 10月20日(土)香川県のレクザムスタジアムで行われました。試合は4回、新潟に2点を先制されます。しかし、その後は小刻みな投手リレーで新潟打線を封じ込め反撃を待ちます。香川は6回、先頭の水口が中前打、林がバントヒットを決めますが、あと一本が出ません。8回には、代打出場の桜井が安打を放ちますが、後続が抑えられてしまいます。5回以降は新潟打線を被安打0に抑え、香川が押し気味に試合を進めたものの、2-0で初戦を落としました。
 第2戦は10月21日(日)にレクザムタジアムで行われます。

10/20(土) レクザムスタジアム 18:00 試合開始
観客数:1277人 試合時間:2時間59分
  1 2 3 4 5 6 7 8 9 H E
新潟アルビレックスBC
0 0 0 2 0 0 0 0 0 2 6 3
香川オリーブガイナーズ
0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 6 0

  【投】 spacer.gif 【捕】
(新潟AB) 寺田-間曽 spacer.gif 平野
(香川OG) 渡辺-西村-大塲-後藤-プルータ spacer.gif 大川-星野

  【3塁打】
(新潟AB) 荒井
  【2塁打】
(香川OG) 甲斐

【香川オリーブガイナーズ・西田真二監督のコメント】
「新潟先発の寺田投手は、球速のあるいい投手でした。その投手を前に、得点圏であと1本出ませんでした。ウチの投手陣は、4回以降はヒットを与えず、いいピッチングでした。チャンスはたくさんありましたので、このままズルズル行かないように、また明日全員で向かっていきます。選手たちの反発心がどれだけ出るかが楽しみです。また明日も応援よろしくお願いします」
 

top