試合予定/結果

日本独立リーグ グランドチャンピオンシップ

日本独立リーグ グランドチャンピオンシップ2010

四国・九州アイランドリーグでは、四国・九州IL年間総合優勝チームの香川オリーブガイナーズとBCL優勝の石川ミリオンスターズが戦う、日本独立リーグ・グランドチャンピオンシップ2010の開催概要の詳細が以下のとおり決定いたしましたので、お知らせいたします。

対戦カード
香川オリーブガイナーズ 対 石川ミリオンスターズ

開催概要
■四国・九州ILラウンド
香川オリーブガイナーズ 対 石川ミリオンスターズ
第1戦> 10月23日(土) 13時試合開始 アークバリアBP志度(香川県さぬき市鴨庄4305)
第2戦> 10月24日(日) 13時試合開始 アークバリアBP志度(香川県さぬき市鴨庄4305)
※アークバリアBP志度の照明設備は公式戦開催には照度不十分のため、日没コールドになる場合があります。
【予備日】10月25日(月)、10月26日(火 アークバリアBP志度 13時試合開始
※予備日は変更になる場合がございます。

■BCLラウンド
石川ミリオンスターズ 対 香川オリーブガイナーズ
第3戦> 10月30日(土) 17時試合開始 石川県立野球場(石川県金沢市北塚町東220)
第4戦> 10月31日(日) 17時試合開始 石川県立野球場(石川県金沢市北塚町東220)
第5戦> 11月1日(月) 18時30分試合開始 石川県立野球場(石川県金沢市北塚町東220)
※原則として時間制限はありません。
【予備日】11月2日(火)~11月4日(木) 石川県立野球場 18時30分試合開始
※どちらかのチームが3勝し、優勝が決定した時点で次の試合は行いません。

 
10月31日 日本独立リーグ グランドチャンピオンシップ2010
石川MS対香川OG 第4戦 試合結果


四国・九州アイランドリーグの年間総合優勝の香川オリーブガイナーズと、ベースボール・チャレンジ・リーグの年間総合優勝の石川ミリオンスターズの日本独立リーググランドチャンピオンシップ2010第4戦 が、10月31日(日)石川県金沢市の石川県立野球場で行われました。
香川の2勝1敗でむかえた第4戦は、香川が2回に二死二、三塁から9番西森の適時二塁打で2点を先制します。また香川先発高尾は要所を抑え、石川に得点を与えず、7回表終了後に悪天候のためコールドゲームとなり、香川OGが2-0で勝利しました。
この結果、対戦成績は香川OGの3勝1敗となり、2007年と2008年の日本一連覇以来、香川OGは2年ぶり3度目の日本一となりました。また、2007年に日本独立リーググランドチャンピオンシップを開催してから、4年連続でアイランドリーグのチームが日本一を達成しました。

10/31(日) 石川県立野球場 17時00分 試合開始
動員数:579人 試合時間:1時間59分
  1 2 3 4 5 6 7 8 9 H E
香川オリーブガイナーズ
0 2 0 0 0 0 0     2 4 1
石川ミリオンスターズ
0 0 0 0 0 0       0 3 0

※7回表終了降雨コールドゲーム


  spacer.gif 【投】 spacer.gif 【捕】
(香川OG) spacer.gif 高尾 spacer.gif 西森
(石川MS) spacer.gif 山下 spacer.gif 深澤

  【2塁打】
(香川OG) 西森2、大松

【香川オリーブガイナーズ・西田真二監督のコメント】
「石川は、小気味よく試合を作れるピッチャーが多く、足を使った攻撃を仕掛けてくる、粘り強いチームでした。昨日の負けはとても悔しかったので、私も選手たちも今日にかける思いは大きかったです。選手たちはよく頑張ってくれました。みんなで勝ちとった日本一です。初代独立リーグの誇りをかけて闘いましたので、日本一になることができてとても嬉しいです。ファンの皆様、1年間応援していただきまして、ありがとうございました。」
【香川オリーブガイナーズ・決勝適時二塁打を放った西森将司選手のコメント】
「天候が悪い中、高尾も粘って投げていたので、早く先制点が欲しいと思っていました。相手投手もよく、チャンスは多くないと思っていたので、2回のチャンスには、絶対1点は取ろうと思って打席に入りました。変化球に的を絞って待っていたところにスライダーが来たので、体がうまく反応してくれました。こういう大事な試合で打って優勝することができ、本当に嬉しいです。」
【石川ミリオンスターズ・森慎二監督のコメント】
「香川オリーブガイナーズの皆様、優勝おめでとうございます。私たちの勝利への情熱は誰にも負けないと思っていましたが、最後で悔しい結果となってしまいました。選手達は精一杯よく戦ってくれました。この時期にゲームができたのは石川ミリオンスターズが最高のチームであったという証拠です。石川に戻って巻き返す自信はありましたが、初戦を落としたのが痛かったです。この悔しさを忘れずに、来年は石川に独立リーグの優勝カップをもたらしたいです。」
 

 
10月30日 日本独立リーグ グランドチャンピオンシップ2010
石川MS対香川OG 第3戦 試合結果


四国・九州アイランドリーグの年間総合優勝の香川オリーブガイナーズと、ベースボール・チャレンジ・リーグの年間総合優勝の石川ミリオンスターズの日本独立リーググランドチャンピオンシップ2010第3戦が、10月30日(土)石川県金沢市の石川県立野球場で行われました。
香川の2勝でむかえた第3戦は、香川先発前川と、石川先発山崎の投手戦となりますが、香川が4回に3番加登脇の安打の後、4番中村、5番国本の連続四球で満塁とすると、暴投で1点を先制します。しかし、7回に石川は代打笹沢の犠飛で同点に追いつき、その後は両チーム無得点のまま延長戦になります。10回に石川は二死から失策を足がかりに、2番楠本がサヨナラ適時二塁打を放ち、2-1で石川MSが香川OGに勝利しました。この結果、対戦成績は香川OGの2勝1敗となり、優勝決定は10月31日以降に持ち越しとなりました。グランドチャンピオンシップの第4戦は、10月31日(日)17時から同じく石川県立野球場で行われます。

10/30(土) 石川県立野球場 17時04分 試合開始
動員数:1027人 試合時間:2時間43分
  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 H E
香川オリーブガイナーズ
0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 1 6 4
石川ミリオンスターズ
0 0 0 0 0 0 1 0 0 1x 2 5 0

  spacer.gif 【投】 spacer.gif 【捕】
(香川OG) spacer.gif 前川‐伊藤 spacer.gif 上ノ下
(石川MS) spacer.gif 山崎‐南 spacer.gif 深澤

  【2塁打】
(石川MS) 敬洋、楠本

【香川オリーブガイナーズ・西田真二監督のコメント】
「なかなか簡単には勝たせてくれません。アウェイでのナイトゲームで気温も低いですので、厳しい戦いなるとは思っていましたが、石川の粘りが素晴らしかったです。前川はよく投げてくれましたが、もっと点を取らないと勝てません。しかし、まだ王手には変わりないので、うちの持ち味である点を取る野球で明日は勝ちます。応援よろしくお願いします。」
 

 
10月24日 日本独立リーグ グランドチャンピオンシップ2010
香川OG対石川MS 第2戦 試合結果


四国・九州ILの年間総合優勝の香川オリーブガイナーズとBCL優勝の石川ミリオンスターズとの対戦となった日本独立リーグ・グランドチャンピオンシップ2010第2戦が、10月24日(日)香川県さぬき市のアークバリアベースボールパーク志度で行われました。試合は、石川が4回に1点を先制。その裏香川は、一死三塁から三番甲斐、四番中村、五番国本の三者連続適時打で3点を奪い逆転に成功。6回に石川は二死一、三塁から四番深沢、五番代打笹沢の連続適時打で2点を加え、同点に追いつくと、その裏、香川は四番中村の二試合連続となるGCS3号本塁打で1点を追加し再びリードを奪います。石川は、8回一死二塁から三番本間が内野安打を放ち、一塁が交錯する間に二塁走者の戸田が本塁まで生還し、再び同点に追いつきます。その後両者譲らず、試合は延長戦へと突入すると、香川は10回、この回先頭の甲斐が本塁打を放ち、5-4のサヨナラ勝ちをおさめました。
香川は連勝で独立リーグ日本一に王手をかけました。次は舞台を石川県に移し、10月30日(土)17時より石川県立野球場で第3戦が行われます。

10/24(日) アークバリアBP志度 13時00分 試合開始
動員数:1335人 試合時間:3時間6分
  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 H E
石川ミリオンスターズ
0 0 0 1 0 2 0 1 0 0 4 9 0
香川オリーブガイナーズ
0 0 0 3 0 1 0 0 0 1x 5 8 1

  spacer.gif 【投】 spacer.gif 【捕】
(石川MS) spacer.gif 山下‐佐藤‐南 spacer.gif 深澤
(香川OG) spacer.gif 高尾‐西村‐酒井‐伊藤 spacer.gif 西森

  【本塁打】
(香川OG) 中村、甲斐
  【2塁打】
(香川OG) 中村、甲斐

【香川オリーブガイナーズ・西田真二監督のコメント】
「今日の試合は、先制点を取り、サヨナラを打った甲斐に尽きます。やはりホームランは効果的ですし、相手に与えるダメージが大きいです。しかしこの雨の中、石川の粘りも素晴らしかったですし、伊藤もよく粘って投げてくれました。2勝していい形で石川に乗り込むことができますが、反省するところは反省して、また石川でも頑張ります。」
【サヨナラ本塁打を放った甲斐選手】
「10回は何とか中村さんまで回そうと、塁に出る事だけを考えて打席に立ちました。初球から思い切って踏み込んでいきました。入るとは思わなかったのですが、IL初のホームランがこんな場面で打てて、感激しています。次の石川での試合でも、ホームでやっている事を変わらずアウェイでもやれるよう頑張ります。」
 

 
10月23日 日本独立リーグ グランドチャンピオンシップ2010
香川OG対石川MS 第1戦 試合結果


四国・九州ILの年間総合優勝の香川オリーブガイナーズとBCL優勝の石川ミリオンスターズとの対戦となった日本独立リーグ・グランドチャンピオンシップ2010第1戦が、10月23日(土)香川県さぬき市のアークバリアベースボールパーク志度で行われました。試合は、2-0と香川が2点リードで迎えた六回、この回先頭の中村のソロ本塁打と上ノ下の適時打で2点を追加。さらに、七回に中村の連続本塁打、八回に洋輔と代打三國本塁打で3点を追加し、試合を決めました。
第2戦は10月24(日)13時からアークバリアBP志度で行われます。

10/23(土) アークバリアBP志度 13時00分 試合開始
動員数:1291人 試合時間:2時間16分
  1 2 3 4 5 6 7 8 9 H E
石川ミリオンスターズ
0 0 0 0 0 0 0 0 3 3 8 0
香川オリーブガイナーズ
0 1 1 0 0 2 1 3 x 8 14 1

  spacer.gif 【投】 spacer.gif 【捕】
(石川MS) spacer.gif 山崎‐江藤‐大輔 spacer.gif 深澤
(香川OG) spacer.gif 前川‐橋本‐キム spacer.gif 上ノ下

  【本塁打】
(香川OG) 中村2、洋輔、三國
  【2塁打】
(石川MS) 笹沢

【香川オリーブガイナーズ・西田真二監督のコメント】
「今日はまず先制点を取ったのが大きかったですし、打線の繋がりもよかったです。先発の前川も調子はよくなかったのですが、悪いなりに経験でよく抑えました。6回にホームでランナーを刺し、無失点に抑えたのが大きかったです。ウチの試合ができたと思います。
明日も勝って石川に乗り込みたいと思いますので、皆さん応援よろしくお願いします。」
【八回を無失点に抑えた香川OG先発前川投手】
「調子はあまり良くなかったのですが、丁寧に投げようと、気持ちだけで投げました。それが結果に繋がりました。また、野手のみんなが大量点を取ってくれたので、楽に投げられました。今日はみんなで勝ちとった1勝だと思います。次も投げる機会があれば、絶対に点を与えないつもりで投げます。」
【2本の本塁打を放った香川OG4番中村選手】
「初めてのグランドチャンピオンシップですが、とても楽しんで試合ができました。1打席目のサードゴロのとらえ方がよかったので、その後も楽に打席に入ることができました。アイランドリーグのチャンピオンとしてのバッティングが見せられたと思います。明日も勝ちたいと思いますので、応援よろしくお願いします。」
 

top