ニュースリリース

アワード

四国アイランドリーグplusAWARD2013が開催されました

 11月14日(木)、四国アイランドリーグplusAWARD2013が、松山市の国際ホテル松山で開催されました。このイベントは、四国アイランドリーグplus2013コカ・コーラ杯の優勝チームや個人タイトルを獲得した選手への表彰式と、今年四国アイランドリーグplusがお世話になった方々へのお礼懇親会を兼ねて行われたものです。今年のAWARDには、リーグやチームのスポンサー企業・株主・行政・報道関係者・ファンの皆さま、そしてILの監督・コーチ・スタッフ・表彰を受ける選手ら約200人が出席しました。今回、表彰された選手たちの喜びコメントは以下のとおりです。
【 年間リーグMVP・ベストナイン(外野手):大谷真徳選手(徳島IS) 】
大谷真徳

「今回、年間MVP、ベストナインを頂けたことを本当に嬉しく思います。今年は、自分自身、結果を出さなくてはいけないシーズンでもあったので、すべてにおいて貪欲に内容にこだわって臨みました。しかし、結果を残す上で精神的にも肉体的にも今までのシーズンとは違った苦しさや辛さを学ばせて頂きました。監督を始めコーチ、チームメイト、ファンの皆様のおかげで1年間走り抜くことができました。この受賞に満足することなく、自分を常に追い込んでいきたいと思いますので、変わらぬご声援をよろしくお願い致します。1年間ありがとうございました」


【 後期リーグMVP:岩根成海選手(徳島IS) 】
岩根成海

「後期MVPに選んで頂いて、とても嬉しく思います。ありがとうございました。後期は、前期と違ってフォームがまとまっていて、自分でも納得のいくピッチング内容が多かったように感じます。チームの状態も良く、たくさんの勝ち星をあげることが出来ました。首脳陣、チームのみんなにはとても感謝しています。今年一年、最高の仲間と戦えたことを幸せに感じ、誇りに思います。今年一年応援して頂きありがとうございました」


【 首位打者・ベストナイン(二塁手):藤長賢司選手(愛媛MP) 】
藤長賢司

「監督・コーチ・チームメイト・球団スタッフすべての方々に支えられて獲ることができたタイトルですので、支えていただいた皆様に、本当に感謝しています。そして何より、1年間ご声援をいただいたファンの皆様に、このタイトルが少しでもお返しになればうれしく思います。本当に1年間 暖かいご声援を、ありがとうございました」


【 最多打点・最多本塁打・ベストナイン(指名打者):桜井広大選手(香川OG) 】
桜井広大

「ベストナインという賞を2年連続で受賞できとても嬉しいです。この賞を受賞できたのは僕だけの力だけでなくチームメイトと日々精進して頑張った結果だと思います。監督、コーチ、チーム、そして応援してくださったファンの皆さまへ、感謝の気持ちでいっぱいです。1年間応援ありがとうございました」


【 最多盗塁・ベストナイン(外野手):髙田泰輔選手(愛媛MP) 】
髙田泰輔

「リーグ在籍6年目の今年は「集大成の年」と思い1年間を過ごしました。特に盗塁王は今年絶対に獲りたかったタイトルでしたので、とても嬉しく思っております。1年間を通してどんな時も応援してくださった皆様、本当にありがとうございました」


【 最多勝利・ベストナイン(投手):又吉克樹選手(香川OG) 】
又吉克樹

「今回、13勝4敗という成績で最多勝を獲ることができました。後期は厳しい投球が続きましたが、チームに支えてもらい勝ち数を重ねることができ、その結果、最多勝という賞を受賞することができました。また、四国4球団の投手の中からベストナインに選ばれたことに、とても驚くとともにありがたく思います。これも四国4球団の投手陣と切磋琢磨した結果だと思いますし、不調の時でも登板機会を与えてくれた監督、コーチ、チームに感謝しています。これからも頑張っていきます。ありがとうございました」


【 最優秀防御率:小林憲幸選手(愛媛MP) 】
小林憲幸

「2年連続で最優秀防御率のタイトルを獲れるとは思っていませんでしたが、勝ちたいという強い気持ちがこの成績に繋がったと思います。この2年間で多くの得るものがありました。1年間応援ありがとうございました。これからの野球人生に、このタイトルが何らかの力になれば良いと思います。本当にありがとうございました」


【 最多セーブ:シレット選手(徳島IS) 】
シレット

「昨年は、あまりチームに貢献できなかったのですが、今年はセーブのタイトルが獲れ、活躍出来てうれしく思っています。現在、カープの日南秋季キャンプに参加しているのですが、アイランドリーグで活躍したことによって与えられたチャンスだと思います。今後も前向きに、もっと上を目指して頑張りたいと思います。応援頂いたファンの皆様、本当にありがとうございました」


【 最多奪三振:井川博文選手(高知FD) 】
井川博文

「自分自身三振には強いこだわりがあり、シーズン開幕前から狙っていた最多奪三振のタイトルを獲る事ができ嬉しく思います。結果を残せない中、先発で使い続けて頂いた定岡監督、アドバイスを頂いた吉田コーチ、常に三振を狙いたいと言う思いに付き合って、リードしてくれたキャッチャーの屋宣に感謝したいです。これからも更なるレベルアップをしてNPBを目指したいと思います。1年間ご声援ありがとうございました」


【 ベストナイン(捕手):小野知久選手(徳島IS) 】
小野知久

「ベストナインという賞を頂き大変光栄に思います。これも辛抱強く使って下さった島田監督、指導して下さった長内コーチ、森山コーチ、根鈴コーチ、体のケアをして下さった菊地トレーナーのおかげです。今後も気を引き締めて目標に向かってより一層精進していきます。本当にありがとうございました」


【 ベストナイン(一塁手):大谷龍次選手(徳島IS) 】
大谷龍次

「ベストナインに選んで頂き、ありがとうございます。この賞を取れたのも指導して下さった監督、コーチ、トレーナー、そして1年間応援して下さったたくさんの方々のおかげだと思います。本当にありがとうございました」


【 ベストナイン(三塁手):松嶋亮太選手(徳島IS) 】
松嶋亮太

「この度はベストナイン賞を頂き、大変嬉しく思います。これも首脳陣の方々を始め、たくさんの方々の支えがあったからこそだと思います。今年は、日本一奪還、個人のNPBを目標にしてきましたが、どちらも叶わず悔しい思いをしました。この悔しさをこれからの自分のレベルアップに繋げていけるように、これからも頑張っていきたいと思います」


【 ベストナイン(遊撃手):東弘明選手(徳島IS) 】
東弘明

「この度はこのような賞を頂き、感謝の気持ちでいっぱいです。自分は、今シーズン不甲斐ない結果だと思っています。ですが、結果を気にせず起用して下さった監督・コーチには、本当に感謝しています。日本一という目標は果たせませんでしたが、NPBに行ってもここでの悔しさを忘れず、オリックス・バファローズの一員として日本一を目指したいと思います。この度は、本当にありがとうございました」


【 ベストナイン(外野手):河田直人選手(高知FD) 】
河田直人

「この度はベストナインに選んでいただきありがとうございます。監督、コーチ、トレーナー、球団関係者の皆様にご指導いただき、ファンの皆様に支えられて野球に集中することができました。新人選手として戦った今シーズン、先輩の方々からも色々なことを学びました。自分としては納得できる結果を残すことは出来ませんでしたが、この賞をいただけたことに自信を持ち過信することなくこれからも精進して行きます。まだまだ未熟者ですが、チームの勝利に貢献できる勝負強さを身につけ、信頼される選手になりたいと思っています」


【 最優秀審判:伊藤寿記氏 】

「この度は、最優秀審判賞に選出いただきありがとうございます。審判部の先輩方、リーグ関係者の皆様、監督、コーチ、選手の皆様のご理解があったからこそ、このような賞を頂けたと思います。この賞に恥じないよう、さらに高いレベルの審判を目指します。この度は、本当にありがとうございました」

top